小笠原旅行記:1~2日目 船旅

6月10日~仕事後に福祉タクシーで地元の駅に向かいました。
この日の夕食は焼肉!
スタミナをつけるためです♪
行きつけの焼肉屋さん、久しぶりに行ったら自分の筋力低下で段差をあがるのが大変でした・・・。
また行けるといいな。

電車で新橋に向かい、新橋でゆりかもめに乗り換えました。
JRの新橋駅にはいまだにエレベーターがなくて、エスカレーターを車椅子用に切り替えてのせてもらうんですが、何度乗っても慣れません・・・。
階段昇降機のエスカルの方がまだいいです。。。(エスカルは周りが囲まれてるしね。)

一方、ゆりかもめは新交通なだけあって、乗りやすいです。
無人のはずが、切符を買うとき福祉ボタンを押すとどこからともなく人が現れる!
ホームにも車椅子乗り場の場所が明記されてて分かりやすいです。

小笠原への出発前日は竹芝のインターコンチネンタル東京ベイに宿泊です。
シモンズのベッドで寝心地良かった♪
25時間半の船旅への体力温存のため、前日泊をしました。

11日、いよいよ出発の朝です。
竹芝の客船ターミナルに行くと、すでにたくさんの人!
乗船チケットの引き換えをして、準備をします。車椅子は一番最初にのせてくれるとのこと。
船の乗り込み口までは階段があったり、エスカレーターがあったりしましたが、スタッフさんが運んでくれました。
エスカレーターは車椅子用に切り替え可能でしたが、めったに使われてない模様です。

d0056588_2116813.jpg


おがさわら丸では船室が等級別に分かれてて、上から、特等、特1等、1等、特2等、2等となっています。
一般船室の2等は雑魚寝で、1人分のスペースが1畳くらい・・? 奴隷船とか島の人は言ってました(ーー;)
大人数でワイワイがやがや、体力がある人なら大丈夫だろうけどね。
私はその状態じゃ座ってもいられないし、寝返りもできないと思い、今回の船室は特1等(F号室)☆(1種の障害者手帳だと障害者割引が本人・介助者ともに使えました)

船は地下2階、地上3階建てで階段のみ。上から、AデッキからEデッキとなります。
私の住空間となる特1等の部屋はBデッキにあります。

今回、竹芝からの乗り込み口がBデッキとなったので、部屋にはそのまま階段なしで行かれました。
潮の満ち引きによって、高さが違うので、乗り込みのデッキは変わるとのことです。
船の通路はとっても狭いので車椅子だとギリギリ。船室のドアはまったく隙間がないくらいギリギリで通れました。(私の車椅子、座幅が36センチと狭いものなので、通常の40センチのタイプだとたぶん通れません。)

部屋にはベッドが2台とお茶が飲めるようなテーブル、椅子2脚、テレビ、シャワー&トイレがあります。
シャワー&トイレに入るには1段上がらないといけないので大変でした(^_^;)
手すりも1本、小さな縦バーがついてるのみで、ほとんど機能しませんでした・・・。
トイレに入るにはそのたび介助してもらいました。

船は10時に竹芝を出港、東京湾内(数時間)は揺れもあまりなくて、携帯電波も通じるし、快適です。
この間にレストランに行きました!レストランはCデッキなので階段を降りる必要があるので、ダンナさんのオンブにて。

d0056588_2117197.jpg


レストランは美味しかったです。が。この後、酔っちゃったんです。。。(食事中の人、スミマセン)
部屋に戻ってしばらくして14時ごろから夜まではひたすら揺れてました。ベッドに横になってるだけでもしがみついてる感じで疲れました。
後から聞いたら4メートルの波で、夏にしては揺れが大きめだったとのこと。冬ならこれくらいは当たり前って言われました。
船酔いは、胃が空っぽになったら治ってきて、夜は熟睡しました。
天気が雨で景色が見れなかったのは残念です。。。

朝ごはんは何とかレストランに行って食べました。昼ご飯は戻してしまったし、夕飯食べず、だったので、24時間ぶりの食事?!
遅めに行ったらおかゆは売り切れでした。。ぼーっとしながら適当にダンナさんが取ってきてくれたものを食べました。(レストランは別料金で、都度支払いです)
レストランに行くには大仕事!階段のオンブが必要なのと、トイレに入るのも大変・・・ということで、かなり体力を使いました。
ちなみにレストランがあるCデッキには車椅子用のトイレがあるらしいです。

d0056588_21174369.jpg


部屋に戻って、荷物をまとめて、横になって・・・とするうちに12日(船に乗って1日経過)の11時40分に、定刻から10分遅れで二見港に着きました!
この時期で10分遅れは珍しいらしいです。
港には宿の人やダイビングショップの人など、たくさんのお迎えが来てました。

d0056588_21182657.jpg


車椅子の場合、降りるのは一番最後。二見港ではCデッキから降りたので、BデッキからCデッキへの下りはスタッフさんたちが、車椅子ごと抱えてくれました。車椅子を抱えてもらう時には、どの部分を持ってもらうかを的確に指示した方がよいと思います☆持ったとたんに可動パーツが取れちゃった・・なんてことがないように。

二見港到着後は、午後に乗る船の担当の人と話をしつつ、宿の車に乗って宿へ♪
車椅子で降りたのが最後だったんで、他の皆さん、お待たせしてスミマセン。
宿はコンドミニアムなんですが、賃貸マンションのような感じで、キッチン・バストイレ付き、冷蔵庫・食器・調理道具、電子レンジなどが揃ってるところにしました。ポートロイドというところです。
建物の入り口に1段あって、玄関を入るのに1段、入ってから1段といった感じです。
お米を持っていって自炊しました(^_^)居酒屋にも行きました。町がこじんまりとしてて、徒歩でもまわりやすいです。

d0056588_2119683.jpg


この日は午後からまた船に乗るんですが、その話はまた次回に~。

d0056588_21195260.jpg

[PR]

by fradol | 2011-06-26 21:22 | 旅行

<< 小笠原旅行記:2日目午後 海☆ 小笠原が世界遺産に登録されまし... >>