アルジェリア人との出逢い

小笠原日記は途中ですが、今日は日記に書きたいことがあるから書きます。

もしかしたら私のホームページを見る海外の人がいるかもしれない、と感じて、英語のページが作ってあったのですが、ついにこの日がきました。
私のホームページをみたアルジェリア人の男性からメールがきました。
彼はLGMDです。

メールを受け取ったときは半信半疑でしたが、返事を書いたら車椅子に乗っている写真を送ってくれました。
イスラムの雰囲気です。
アルジェリアという国をまったく知らなかったけど、調べたら、内戦やテロがあって、治安が不安定な国なのですね。

日本には治療がないか、と聞きたかったみたいです。
英語はあまり使わないから、と、自動翻訳でがんばってメールをくれました。
フランス語が得意というけど、私のフランス語が通じるか心配で、今のところ、英語でやりとりしてます。
私が自動翻訳でフランス語にして送ればいいのかな。
英語→フランス語の自動翻訳なら、精度があがりそうですね。

アルジェリアの車椅子事情を知りたくて聞いたら、一台は国が無料で交付してくれて、それを一生使うとか。(彼の英語は自動翻訳だから、ところどころ不確かですが。)
この交付されて乗っている電動車椅子は中国製なんだって。
中国でも電動車椅子を作っているんですね。
使いはじめて二年なのに、すでに壊れているようなことが書いてありましたが、それに一生乗るのかな。。。

検査機関も整ってないとのこと。
情報量が少なそうですね。
なにか私にできることはないかな、と思って、LGMDの英語版ホームページでも紹介しようかと考えてます。
やっぱり英語の情報が多いから。

これからもたまに英語でアップデートしたいです。
[PR]

by fradol | 2011-07-04 23:40 | 日記

<< 小笠原旅行記:3日目 海水浴 小笠原旅行記:2日目午後 海☆ >>