小笠原旅行日記〜準備編

小笠原に旅するには、車椅子ならば個人で手配するのがオススメ。(でも前に書いたけど、車椅子で行くには大変です)
障害者手帳があれば、おがさわら丸は割引になります。一種なら全等級で介助者と本人の二人とも半額、二種なら二等のみ本人が半額となるようです。
確実な情報は小笠原海運に問い合わせてください☆


今回の旅行、手配はかなり大変でした。

まず、おがさわら丸の予約です。
発売日に小笠原海運に電話して、2室しかない特一等を予約しました。
電話予約のときに車椅子と伝えておきました。

予約すると、振り込み用紙が送られてきて、代金を振り込みます。
ちょうど引っ越したところで、一度宛先不明で小笠原海運に戻ってしまい、再送してもらいました。
入金後、出発の1ヶ月前にチケットが送られてきました♪

チケット購入とほぼ同時に、宿を予約。
インターネットでバリアが少なそうで、キッチン付きの宿を絞って、電話しました。
結局、2件に絞って、電話がつながったところに決めました。
小笠原の現地の方々、電話は携帯に転送してる人が多いみたいだけど、電波が届かない場所もあるので、つながらないことがありました。

次に、レンタカーの予約。こちらはメールでできました♪

現地のツアー予約はメールでやり取りしました。
車椅子で行けるか、というより行きたいと伝えました。
海ツアーはギリギリの予約だったから、電話で確認の連絡したりしましたが、予約できた段階からテンションあがりました!
行かせてもらって楽しかったです、ありがとう☆

小笠原は私にとって未知の場所で、車椅子情報もほとんどなかったけど、バリアフリーマップを作ってる方がいて、すごく参考になりました。

行くまでのバリアはすさまじいけど、また行きたいです。

帰ってきてから、ちょうど世界遺産登録の小笠原特集だらけで、楽しんでます。
でも、どこの番組も、おがさわら丸をよく映しすぎと思います(笑)
豪華客船のように見えるけど、全然そんなことないので、ご注意を☆
車椅子でないなら、豪華客船で小笠原に立ち寄るクルーズが楽だと思います!
(大型客船は、沖で小舟に乗り換えて港に入るから、車椅子の人は無理です。)

私はふじ丸しか乗ったことないけど、快適です!
船旅は大きな船の方が快適です。

小笠原は行くのにはハードルがかなり高いけど、そのハードルに自然が守られています☆
ずっとこのままがいいな。
[PR]

by fradol | 2011-07-13 23:46 | 日記

<< TAO&飲み会☆ 車椅子でドアを開ける >>