福祉機器展~運転関連

私は今、通勤で毎日車(マーチ・手動運転装置付)を運転しています。
もう5年乗っているので、次はどうしようかなーと考えたりしてます。買い換えてすぐ乗れなくなっても・・・と思うので躊躇しています。
2点ほど、気になっていたものを見てきたのでレポートします。

◆着脱式手動運転補助装置
レンタカーなどでも、この手動運転補助装置をつければ、運転することができるかもしれない!という期待を持って見に行きました。
「今野製作所」の「SWORD」という商品です。
HPで動画を見ることができます。
http://www.isudoko.jp/free/sword/howto.asp

実際に、デモの機械で試させてもらったのですが、アクセル(引く動作)の時に、かなり力が必要でした。
私は力が弱いことを話したところ、上肢がしっかりしている人向けですね・・とのことでした。

試乗会を開いたりしているそうです。
持ち歩きも可能な商品で、使える人にはとってもいい商品じゃないかな、と思いました。

◆ジョイスティック運転装置
「ニッシン自動車工業」にて、ジョイスティック運転装置をつけた車が展示されていました。
かなり大きい車種なので、運転は技術が必要そうですが、後ろのリフトから自分で乗り込んで、運転席まで車椅子で行って運転ができるというものです。
まだ商品化はされていないみたいです。

以前開発中と聞いた、車椅子を乗せるためのターンテーブルのようなものも、現在引き続き開発中とのことでした。
「ニッシン自動車工業」の車椅子を乗せるためのクレーンは私の周りにも使っている方がいますが魅力的です。
とはいえ、私は既に立っていられる時間が短くて、自分で車椅子を載せたり降ろしたり、というのが難しいので使えなそうです・・。

◆その他~車のブースを見学して
私が見かけなかっただけかもしれませんが、今年はトヨタのブースで車椅子が座席になるタイプの車の出展がなかったように思いました。

ダンナさんが今、スズキのエブリィに乗っているのですが、次回はエブリィの福祉車両を買おうと話しています。
エブリィは車内高が高いので、比較的背が高い車椅子でも乗りやすいです。
以前、友人のエブリィにペルモビールの車椅子でも乗ることができました。

私の簡易電動は座高が高いのですが、ペルモビールの車椅子はさらに座高が高いです。
ペルモビールは会社に置きっぱなしで、これで外出ということはめったにないですが、簡易電動ではよく出かけています。
簡易電動で福祉タクシーを使うときは車種を選ばないと、頭が窮屈になってしまいます。
よく使うタクシーはトヨタのハイエースだから、問題ないですが、以前使ってたタクシー会社は日産のセレナで、ちょっと窮屈でした。

実際、購入するときにはまた試乗してみたいです。

電気自動車で座席がそのまま車椅子になるとかそういう車が出るといいなぁと夢みています。
[PR]

by fradol | 2011-10-08 11:56 | 日記

<< 福祉機器展~身の回りのもの 福祉機器展レポート☆ >>