バスリフト

いま自宅のお風呂でバスリフトを試しています。
TOTOのもので、工事なしでつけられるので、賃貸住宅でも大丈夫です。
工事なしにつけられるというのは業者さんに聞いて初めて知りました。

実際に簡単につけてもらいました。
ちょっと見づらいですが、こんな感じです。

d0056588_1728293.jpg


メリットとデメリットをまとめておきます。
ただし個人差は大きいので、私の備忘録となってしまいます。ご参考まで。

メリット☆
お湯に入るときにいきなり身体が湯船に落ちてしまう心配がありません。
立ち上がるのも、とりあえず普通の椅子の高さ位まで、あがれるから楽です。

デメリット☆
ほかの人がはいるときに邪魔になります。
掃除の手間がふえそうです。
充電式とはいえ電化製品なのでお風呂で使うのはちょっと心配です。リモコンは防水ではないとのことです。
私の場合、少しゆらゆらして酔いそうでした。
厚みの分、お湯から 身体が出ます。

☆☆

本来、介助する人が操作しなければいけません。
自分で操作することは想定していないですが、しようとする場合 リモコンがぬれないようにしないといけません。
機械なので、操作を誤ると危ないし、意図しない状況もあるかもしれません。

ネガティブな内容が多くなりましたが、感想お伝えしたいとおもって書きました。
なかなかこういうものは試す機会がないので、いいチャンスをいただいて感謝です。
ちなみに 介護保険の場合には1割負担でレンタルできます。
障害の場合は、市町村により入浴補助具として補助金が出る場合もあるようです。
[PR]

by fradol | 2012-02-19 17:27 | 病気

<< バスリフト その2 冬眠 >>