リスクヘッジをどう考えるか

チャレンジしたいことがたくさんあります。
でも震災以降、「リスク」に対する考え方が変わりました。

電気が無限ではないということ、
何かあったら本当にどうしようもないという状況があるということ、
そんなとき、車椅子ユーザーは何もできないかもしれないと・・・

頭を駆け巡る項目数が増えてしまいました((+_+))

だからといって、何もかもできない、
とブレーキをしてしまっているわけではないのですが、
できるだけリスクを避けて行動するようにはなりました。

震災後も海辺で釣りしたりして、津波がきたらまず助からない、というような状況にも出かけるけれど、
それはそれ。楽しいことすべてをあきらめることはできません。

では、どんなことでリスクを避けるのか。
リスクといってそれが逃げ道にならないか。

私自身は変わり者なので(笑)、自分が障害者とか、普段そうは思ってないんですよね。
生活の中で助けてもらうことも多いのだけど、それで何とかなってしまうということで、
バリアを感じない。これは周りのおかげだとも思うのです。
ホント、周りの人には感謝です。

でもやっぱり、震災のようなおおごとに直面して、
計画停電の影響も受けて、暗い街を歩いたりという経験をしてると、
災害弱者なのか。と感じたのです。

出先で何かに事故などにあったとき、どうやって対処するのだろうか。
と考えると、一人ではもうなかなか出かけられないのです。
とはいっても出かけたい場所はたくさん。

ガイドヘルパーさんとかもうまく活用しないといけないよねーと思うのですが、
私の場合、出かけたい場所が突拍子もない遠さだったり(笑)
で、以前、ちょっと遠出したときはヘルパーさんの方が疲れてました。すみません。

ヘルパーさんと出かけたのに、ヘルパーさんの力では私のことを立たせられなかったりね。。
出かけるのが大変ってこういうことをいうんだな、と感じました。
(えーっ!と言われそうだけど、基本、引きこもりなので。。。)

やりたいことと、リスクと、やれないことのはざまで悩むことしばし。
結局やりたいことを実現するのが7割くらい。。できなくてあきらめること2割。残りの1割は・・・
やれないと思ってたのに、なんと実現!みたいなうれしいできごと。

と、ごちゃごちゃ書きましたが、
出かけることが大変と思わず気楽に出かけられるようにしたいな、と思う日々です!(^^)!
[PR]

by fradol | 2012-10-16 20:32 | 日記

<< 今度の日曜はみんなでみよう! アウトドア日和 >>