ドイツ旅行2013~ミュンヘン到着編

ドイツの旅行から帰ってきました!
気長に旅行記をアップします。

今回はぜーんぶ自分で手配して行ってきました。
インターネット時代バンザイ♪ 便利な時代ですね。
英語で対応してくれたので、ホテルや電車など、車椅子対応を含めて細かく相談に乗ってもらい、バリアフリー旅行を自分で企画できました。

◆バリアフリーといっても、最低限、移動可能にっていうことで、人力も含めた旅行なので、参考にならないこともあると思います。

駅のホームの端の方でで写真を撮ってたら、気付かない間に1台電車を逃してました・・
スーツケースと車椅子を同時に押してくれただんなさんに感謝!

d0056588_17244572.jpg


往復の飛行機はルフトハンザの成田⇔ミュンヘン直行便。この飛行機(ボーイング)は340-600という機体で、なんとトイレが地下にあります。階段をおりないといけないみたい。下には行ってないので、どんなふうになってるかはわかりません。

一番後ろに車椅子アクセス可能なトイレがひとつだけあるので、成田の空港職員さんが気を利かせて、後ろの方の席にしてくれました。
事前にコールセンターに電話して、トイレに近い席って言ったのに、階段のあるトイレの近くになってたのです。初っ端からトイレの話でスミマセン。でも重要なので・・フライト12時間だと行かないわけにもいかず。

帰りも真ん中あたりの席で予約してたのですが、後ろにかえてー!!とミュンヘンの空港で英語で交渉して、「ゲートのところで可能だったら対応してあげる」と回答もらいました。結果的に対応はしてくれたけど、飛行機に一番最後に乗ることになっちゃって、混んだ機内を車椅子移動という大変なことになりました。
でもフライト中はトイレが近くにあって安心でした。数メートルの距離だったから、機内用車椅子は借りず、ダンナさんの手を借りて歩き&オンブでいきました。
これからこの飛行機のエコノミークラスに乗るみなさんはご注意ください!機体の後ろの方はトイレは近いけど、非常に揺れるので、次回ミュンヘンに行くとしたらANAの直行便に乗りたいです(もう行く気満々)

+++

ミュンヘンに行くのは2度目。
到着して空港からは列車の旅です。1時間もかかりませんが、中心地のマリエンプラッツに移動します。
マリエンプラッツ駅、エレベーターがあるのに故障中で、エスカレーターで移動するはめになりました。この話はまたあらためて。

ミュンヘンで前回、またきたいと思ってた聖母教会へ、今回の旅行では何度も足を運びました。
聖母教会の裏側には車椅子ではいれるスロープがあります。

d0056588_17241764.jpg


ミサにも参列できて、心休まる時間でした。

ドイツでお気に入りになった飲み物がラテ・マキアート。結構おいてるお店がありました。
3回くらい飲んだかな。カフェオレの混ざってない状態で、ミルクの泡の口当たりがいいです。
ダンナさんがビールを飲む横で飲んでました。

d0056588_1746959.jpg


今回は風景の写真が少ないですが、バリアフリーの視点で書いてみました。
[PR]

by fradol | 2013-08-17 17:55 | 旅行

<< ミュンヘンで困ったできごと あとわずか。 >>