車椅子で一人で路線バスを使い、外出してきました

啓蟄を過ぎて春を感じ始めました。
寒さはまだ残るけれど、だいぶ日射しが暖かいです。

先週半ばに、8日(土)に藤沢市 心のバリアフリー講座が開催されることを知りました。
でもギリギリだし、どうしようかな、と迷っていました。
かねてから車椅子で地元のバスに乗ってみたいと感じていたので、これを機に実行することにしました。

バスには乗ったことがあります。
でも一人は初めて。地元の神奈中バスも初めて。
事前に営業所に電話して、行きの時間を伝えておきました。
帰りは駅からなので、その場で行ってもらえば大丈夫とのこと。行きも、事前連絡なしでも大丈夫そうでした。(最近はうちの地元では、車椅子対応ではないバスがほとんどないそうです)

で、ドキドキしながらバス停で待ちました。
運転手さんがスロープを出してくれて、なんとか乗り込めました。
スロープが歩道の微妙な位置で、運転手さんが乗り込みを助けてくれました。
乗り込んで発車するまで5分弱かな。
お急ぎの人には申し訳ないけど・・・ 駅まで公共交通機関のバスで行かれるのは助かります。
タクシーだと、介助料の1千円を入れて2千円ちょっとするので。。。

Suicaをだんなさんから借りてたので、精算もすごく楽でした。ちなみに障害者手帳があると小児料金です。
実はこれも、気になってて小児料金で助けてもらっていいのかなーと悩んでたんですが、公共交通機関ってことで、補助金とかもあるの??と、思いました。どうなんでしょう・・

家を出るときはヘルパーさんに手伝ってもらいました。
バス停までは車椅子で3分くらい。田舎路線なので、土曜昼間だし、乗客は10人くらいでした。

駅についたら、ちょっと買い物して、今度は電車で移動しました。
小田急線(藤沢駅&湘南台駅)は車椅子で通れる自動改札機があるので、駅員さんに車椅子用のスロープを頼みつつ、Suicaでピっとやって、乗りました。

湘南台駅では駅員さんがいないというハプニングもあったけど、車掌さんに助けてもらい、無事下車です。
ま、たまにはこんなこともありますよね。乗客さんに助けてもらったこともあります。大きいタイプの電動車椅子だったらムリかも・・・と思いますが(>_<)

講座の内容は「高次脳機能障害による失語症」についてです。
会場では知り合いの社会福祉士さんにもお会いできてうれしかったです。

帰りはスタバによってさくらラテを飲みましたー!
やっと行けました(*^▽^*)

d0056588_1065648.jpg


スタバって車椅子で行っても気兼ねなくはいれて、スタッフさんのサポート力が素晴らしいです。
また行きたいな。

買い物したり、カフェに行ったり、というのを一人でできて楽しかったです(*^^)v

あっ、気になる人もいると思うので。お出かけに必須のトイレは・・車椅子スペースがあれば、なんとかかんとか。立てる場所もあるけど、無理なときはオムツとか持参で。車椅子からはギリギリ立てるので、工夫してます。
便座を高くできるような自助具が作れたらいいなぁなんて考えるこの頃です。
[PR]

by fradol | 2014-03-09 10:56 | 日記

<< 定期的なリハビリへ 来年の自分へ。寒いと疲れるよ。 >>