台北バリアフリー事情

くりさんが台湾に行くとのことなので、台湾情報まとめてみました。
2006年5月時点の情報です。

【トイレ事情】
洋式が多いですが、いざというときのために携帯用トイレを持っておくと安心ですが、私は使いませんでした。
女性介助者もいるってことで安心ですね。トイレで立てなくなっても助けられるから・・。

紙は流せないのでご注意を。ゴミ箱に捨てます。

地下鉄(MRT)の駅は車椅子用のトイレがあって、キレイ。
MRTはとってもおすすめです。車椅子で乗ってる人も多いです。

英語だけどMRTのバリアフリー設備です→こちらから、Passenger Service→Safety Guideの中のFacilities inside the Stationを見ると、写真がでてきます。

【淡水】
淡水はあまりトイレないですね・・。ほったて小屋の車椅子用トイレ、ありましたが、私が行ったとき(1年前)は故障してました。車椅子用が駅にあったはずなので、行く前にホテルとかで確認してみるとよいかもしれません。
大きいホテルなら日本語、通じます。(年配の方は日本語しゃべれる人が多いです)

帰り道を計算した上で、駅から歩いてくださいね。
駅からすぐのところでも十分楽しめるので。
魚丸湯がおいしいですよ~!オススメです。

この間も書いたけど、紅毛城は淡水に行っても行かなくてOKです。
大変な割りに感動しません・・。駅からも遠いし。

【士林】
士林の夜市は絶対いってみてほしいですね。。
しょっちゅうお店は変わってるみたいですが参考までに→こちら

日本の昔のお祭りみたいです。人は多いですが、早い時間18時とかからなら、比較的すいてます(お店も少ないんですけど)
たぶん、劍潭駅すぐのところに屋根のある食事街があると思うので、雰囲気だけでもっていうならここだけでもいいかもしれないです。細い路地とかは、人が多いと動きにくいです。それでも私は突進しましたけどね(笑
日本ほどいやな顔する人、いません。

ここのトイレは行ってないけど見るからに和式しかなさそうだったので、ぜひ、行く前に済ませておきましょう。できれば、1日目の夜とかに無理してでも行っておくとよいと思います。私は楽しくて毎日通いました!!

そういえば、ここでマカロニにカレーがのったような料理を食べました。まずかったので気をつけてください(苦笑
鉄板焼きがおいしかった!目の前で焼いてくれました。今もあるのかな~。
飲み物のお気に入りはマンゴーミルクです!ぜひ試してほしいな。

【龍山寺】

龍山寺はよっぽどいきたい!ということでなければいかないでよいと思います。階段があるし、人も多いので。この近くの市はちょっと治安が悪いです。

【故宮博物院】
非常にバリアフリーです。日本の障害者手帳でも割引になります!手帳があったらご持参を。。行かなくてもよいという紅毛城も障害者割引あり。
一度行けばいいかなって感じですが・・

【台北101】
超バリアフリーなので問題ないです。

【忠正紀念堂】
車椅子用があったかは覚えてないですが、洋式トイレあります。エレベーターもあるので、上に行って、衛兵交代を見るとよいと思います。

【車椅子での歩きかた】
車椅子って、押す人一人のあとをみんな後ろについて歩くって事が多いです。
が、乗ってる人にとって、これって不安なんです。みんないるかなーって。

押す人には前がわかりにくいですが、意外と車椅子って足が出てて、気をつけないとほかの人のすねにぶつかります。

4人で行くとのことなので、前2人、後ろ(押す人)1人で逆三角形のフォーメーション(体型)にすると安心だし、便利ですよ。

前がどうなってるか見に行く人(先発観察隊)が走って見に行ったりとか、段差のときに前を2人で持って後ろで押すと楽です。
段差のあがるポイントは後ろに倒して前輪を上げること!おりるときは後ろ向きで後輪から先に・・(すでにご存知でしょうか?!)

【最後に】
できないと思ってしまうと何事もできないけど、チャレンジすればできることも多いはず。
台湾の道はバイクに占領されてるので、車道を歩くことも多いと思います。
前と後ろをよく見て気をつけてくださいね。

ちょっとくらい怖い思いをしても楽しさをとるか、安心&それなりの楽しさをとるかは自由です。
マイペースで楽しんできてください!!

といいつつ私はいつも結構ムチャします(笑
[PR]

by fradol | 2007-05-23 21:31 | 旅行

<< 大好き 帰ってきました >>