原点回帰

昨日は友達夫婦のおうちに泊まってきました(≧▼≦)
最近は階段のぼれなくなってきた(手すりがあっても段が高いと難しい。)し、おうちの状況とかわからないから、お宅訪問がなかなかできないんだけど、今回はダンナさんも一緒。
不自由なことを伝えやすい友達だから、気楽に行けました♪

昨日は手料理をご馳走になりつつ、夜中まで語りました。
友人なっちゃんは同病だから、他の人にはわからない感覚も伝わって、なんともいえない心地よさ。ダンナさまも聞き上手で、お二人といると、いつまでも話していたくなります。
3日くらい続けて喋っても足りないだろうな。うちのダンナさんも大好きなご夫婦。
またすぐにでも会いたいです。

なっちゃんとは、女性限定の筋ジスの会を作ろうって話してます。
女性ならではの悩みとかあるだろうし、なんていっても女性患者と話す機会が少ないから。
まだ活動とか方向性とか決まってないんですけどね。

私も最初は一人でした。誰も同病の知り合いがいなくて。
筋ジスだから仲良くしなきゃとか、そんなことはないし、同病だから気があうとか、人間だからそんなことはないけど、そういう集える場はないよりはあった方がいいよねって思ってます。
(筋ジス協会という存在はあるし私も入ってますが比較的デュシャンヌ型の男性が多いかな。)
もう少し形にできたら紹介します。

私は三歳で病気がわかったけど、病名を自分が知ってから10年。
やっといま再び原点に立ってます。

私信。なっちゃん、ありがとう。これからもよろしくね。
[PR]

by fradol | 2009-05-10 23:13 | 日記

<< 料理 支援事業 >>