ロング・グッドバイ

3年くらい前に、私の望みを叶えてくれたお礼に図書カードを贈ったら、大好きな「ロング・グッドバイ」を最近、村上春樹も訳したので、その本を買わせてもらいますって連絡をくれました。
当時、私はそんな本の存在をまったく知りませんでした。
春樹さんの本には既にはまっていましたが・・。

それ以来、頭から離れることがなかった、レイモンド・チャンドラーのロング・グッドバイ。
この前、本屋さんで軽装版を見かけたので、1500円しなかったし、買っちゃいました。
ぶあついので取り掛かれず、しばらく置いてあったけど、ゴールデンウィークごろから読み始めました。

あと100ページをきりました。(訳者あとがきを入れて全部で700ページくらい。)

初めて訳されたのが50年前だとか。
さすが、長い間読まれている本だな。と思って読んでます。

本は違いますが、石田衣良さんの「ブルー・タワー」、ダンナさんが何度も読んでボロボロにしちゃいました。
私は1回しか読めてません・・・。
去年、ハートをつなごうに出演することが決まり、初めて取材を受けたとき、石田さんも番組にきます、といわれた私・・・ 誰??と思ったんですよ(苦笑)
それで、ミーハーだから?石田さんの本を何冊か購入、ハードで買ったのがブルー・タワーでした。
インフルエンザに関する長編小説で、新型インフルエンザがはやる今は怖くて読めません。。。

今は長い間、読みたいと思ってた小説などを並行読みしてます。
やっぱり本を読むのって楽しい!(でも読むのが遅いから全然進まない・・・)
[PR]

by fradol | 2009-05-18 22:30 | 日記

<< 空 現実とインターネット世界のリンク >>