<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨の中・・

今日は地元で金魚すくいのお祭りをやってます。
ちょっと興味があったので、雨の中、車椅子にて出かけました!(^^)!

想像以上に降っていて、寒かったです・・・
夏とは思えないくらい。

手動車椅子を押してもらって歩くこと15分。
会場につきました☆
歩行者天国になっていて、そこに屋台が出たり、金魚すくい、ヨーヨー釣りがあったり・・・
なんでも、世界一長い金魚すくいということで、水槽がずーっと続いてました。
お昼過ぎはまだ準備中でしたけど。

傘をさしてるし、結局屋台ではなにも買わず、近場で見つけたカレー屋さんに行きました。
女性が一人で経営してて、うちらしかお客さんはいなかったけど美味しかったです(^^♪

あまりに寒くて身体が冷えたので、帰って即行でお風呂へ☆
今日は夏っぽくないけど、セミがすっごく鳴いてます。
もう8月ですね♪
[PR]

by fradol | 2011-07-31 16:36 | 日記

小笠原旅行記:4日目 またまた海!

小笠原旅行の4日目はまたまた海です。
この日はナイトツアーの疲れもあって、朝はノンビリ宿で過ごして、10時過ぎくらいに出発しました。
行った先はウェザーステーション展望台。
夕日がきれいなスポットです。切り立った場所に展望台が設置されていて、海を見渡せます。

d0056588_21123164.jpg


すぐわきに駐車場があって、展望台には車椅子で上がれます。(上のほうまでは無理だけど、下のほうでも景色は十分堪能できます!)
午前中のこの場所は地元の子連れママのおしゃべりの場となってました☆
冬にはクジラもみられるスポット☆ この日の夕方、夕日をみに再びこの地を訪れました♪

d0056588_2120529.jpg


次に、宮之浜へ行きました。
海をみてたらシュノーケリングに挑戦したくなってダンナさんが一人、街に戻って借りてきました!
その間、私は強い日差しのなかジリジリ・・・焼けました(^_^;)

d0056588_2123248.jpg


いざ、挑戦しました、が!!
おぼれました~。しかも足のつく場所で。
バランス感覚が難しい。カメラを片手に持ってたというのもあると思いますが、シュノーケルって、吸うのに力がいるので・・・
次回までに練習したいと思いました(笑)
口呼吸の練習せねばいけません。

お昼はハートロックカフェで食べました♪

d0056588_21253772.jpg


竹ネイチャーアカデミーと運営が一緒です☆ 最終日にはここのショップでお土産も買いました!(^^)!
ショップは2階だから、ダンナさんのオンブにて。
カフェも階段が数段あります。

午後は釣りして、再びウェザーステーション展望台にいって夕日鑑賞♪

d0056588_21272582.jpg


夜は居酒屋さんへ行って、のんびりDAYの終了です。 翌日はいよいよ小笠原最終日です!
[PR]

by fradol | 2011-07-28 21:28 | 旅行

のんびりペース(自分比)

今年は去年に比べてかなりのんびりペース☆になってると感じてます。
去年は新しい車椅子の申請やら、会社の施設改善やら、いろいろ交渉してました。
歩ける距離が短くなってきて、自宅の玄関から駐車場への数分が怖くなってきて、どうしよう、と思ってたところに震災の追い討ち。
エレベーターがとまるとどうしようもないから、いよいよ引っ越しを考えました。

ちょうどいいタイミングで、会社近くでバリアフリーの一階の部屋を見つけて早速引っ越ししました。
引っ越しのときはあわただしかったけど、今はものすごいのんびりペースです。

ドアtoドアで15分、職場を出てから20分後にはベッドで休憩できる!
お昼を食べに帰れるかもね(笑)

おがさわらの旅行も、ちょっとバタバタしてはいたけど、終わってしまって、今の予定は数個しかないです。

来月は18年ぶりくらいに、小学校の時の担任の先生に会いにいく予定です。
先生と電話で話してて、感じたのは、最近は私、マイペースで生きてるなぁということです。

自分がハンディがあるとか病気とかって、ほとんど感じてないです。
動けなくて面倒だなーとか思ったりはしますが。
ダンナさんと話してて、車椅子ユーザーの旅行する人のなかでは日本ランカーだよ、なんて話になりました。
行きたいと思ったら、行けるかよりも、行く方法を考えてしまいます。

昔ほどムチャな旅はできないけど、まだまだ行きたい場所はあります。
沖縄の方の島も行ってみたいな。
冬にこっちを脱出しようかな(笑)

あっという間に時間が過ぎて、30歳もあと1週間☆
[PR]

by fradol | 2011-07-23 16:10 | 日記

TAO&飲み会☆

またまたパソコンに向かえずにいます。
新しいパソコンと机がほしい!

先週はTAOの太鼓パフォーマンスを見に、横浜へ行ってきました。
横浜BLITZへ車椅子で行ったんですが、スタッフさんが車椅子のスペースを用意してくださり、車椅子に乗ったまま見られました。
可動式の椅子の会場なのですが、私は最近、普通の椅子に座るより車椅子の方が安定していられるから、嬉しかったです。
TAO、カッコよかったです。
アンコールでの君が代に感動しました。

そして今日は会社の飲み会。
往復とも、福祉タクシーを使いました。
運転手さん、ありがとう。
今のうちにきてから、飲み会に行きやすくなりました。
タクシー呼べば、家から一人で出発できるし。
玄関に車椅子を置くスペースがあるのが嬉しいです。
今週はあと1日。がんばろ。
[PR]

by fradol | 2011-07-21 22:39 | 日記

小笠原旅行日記〜準備編

小笠原に旅するには、車椅子ならば個人で手配するのがオススメ。(でも前に書いたけど、車椅子で行くには大変です)
障害者手帳があれば、おがさわら丸は割引になります。一種なら全等級で介助者と本人の二人とも半額、二種なら二等のみ本人が半額となるようです。
確実な情報は小笠原海運に問い合わせてください☆


今回の旅行、手配はかなり大変でした。

まず、おがさわら丸の予約です。
発売日に小笠原海運に電話して、2室しかない特一等を予約しました。
電話予約のときに車椅子と伝えておきました。

予約すると、振り込み用紙が送られてきて、代金を振り込みます。
ちょうど引っ越したところで、一度宛先不明で小笠原海運に戻ってしまい、再送してもらいました。
入金後、出発の1ヶ月前にチケットが送られてきました♪

チケット購入とほぼ同時に、宿を予約。
インターネットでバリアが少なそうで、キッチン付きの宿を絞って、電話しました。
結局、2件に絞って、電話がつながったところに決めました。
小笠原の現地の方々、電話は携帯に転送してる人が多いみたいだけど、電波が届かない場所もあるので、つながらないことがありました。

次に、レンタカーの予約。こちらはメールでできました♪

現地のツアー予約はメールでやり取りしました。
車椅子で行けるか、というより行きたいと伝えました。
海ツアーはギリギリの予約だったから、電話で確認の連絡したりしましたが、予約できた段階からテンションあがりました!
行かせてもらって楽しかったです、ありがとう☆

小笠原は私にとって未知の場所で、車椅子情報もほとんどなかったけど、バリアフリーマップを作ってる方がいて、すごく参考になりました。

行くまでのバリアはすさまじいけど、また行きたいです。

帰ってきてから、ちょうど世界遺産登録の小笠原特集だらけで、楽しんでます。
でも、どこの番組も、おがさわら丸をよく映しすぎと思います(笑)
豪華客船のように見えるけど、全然そんなことないので、ご注意を☆
車椅子でないなら、豪華客船で小笠原に立ち寄るクルーズが楽だと思います!
(大型客船は、沖で小舟に乗り換えて港に入るから、車椅子の人は無理です。)

私はふじ丸しか乗ったことないけど、快適です!
船旅は大きな船の方が快適です。

小笠原は行くのにはハードルがかなり高いけど、そのハードルに自然が守られています☆
ずっとこのままがいいな。
[PR]

by fradol | 2011-07-13 23:46 | 日記

車椅子でドアを開ける

職場の引越しで、社屋内での部屋が変わりました。
4年ほどいた部屋からの移動。いろいろとまわりの方が車椅子対応を考えてくれて、今度の場所へ。
今度の場所も仮で、いずれ引っ越すらしいけど、以前いたことがある部屋なので、ちょっと気が楽でした★

前にこの部屋にいた頃、車椅子を使い始めて、車椅子でドアを開けるのが大変!!!と感じてました。
それを聞いてくれた人が、ドアのヒンジを交換してくれて、この部屋のドアは以前よりも若干軽くなりました。
その部屋に戻ることになって、なんだか縁を感じます。

ドアを開けるのには慣れもあるけど、右手でドアをちょこっと開けて、その隙間に車椅子で入り込んで、右手はドアを受けつつ、左手で車椅子の電動操作・・・という技を使ってます。
実は先週、引っ越した当日、前の場所とドアのタイプが違うから、どうやってこのドア開けてたっけ。と悩みました。
開けられない?と思いながら、ここは人通りが多いので、そこらを通る人が助けてくれて、ま、どうにかなるかーなんて考えてました。

それで、ネットでちょこっと検索したら、自分の前の日記が出てきて、このドアを開ける方法を思い出して、翌日トライしたら上手くいきました。
このドアは・・・右手でドアの側面を持って開きつつ、右足でドアのかえりを押すのがコツ。←完全に自分向けのメモです。

ブログを6年も続けてると、自分の知りたい情報を調べたときに自分のブログが引っかかる・・・なんていうことも多々あります。
継続は力なり。
というか、自分のニーズにあった情報、結局自分の言葉が引っかかるよね(笑)

LGMDって調べたらトップに来るし、責任感じます!(^^)!
[PR]

by fradol | 2011-07-09 22:45 | 仕事

小笠原旅行記:3日目後半 釣り&ナイトツアー

小笠原3日目、6月13日(月)の後半は、宿で休んでからのスタートです。
お休みついでにパッションフルーツを食べました! 美味しかったです!(^^)!
パッションフルーツのお菓子の味、そのものでした。
果物なのに、人工的な味だねーと言ってしまいました(笑)

最近、島への旅行というと釣り道具を持参しているので、近場の青灯台で釣りをすることにしました。
何が釣れるのだろう・・・。
待つことしばし。
釣れたー!!!

I tried fishing but there are only fishes like tropical fishes ;)

d0056588_19372579.jpg


どこかで見た魚です。屋久島で釣れた、ヘキンコと一緒です。。。
水色に黒のシマシマの魚で、屋久島では唐揚げにして食べるらしいです。見た目が熱帯魚なので、私達は食べられないと思ってリリースしてましたが、屋久島の釣具屋さんが美味しいと言ってました。
小笠原ではオヤビッチャというらしいです。

以降、毒のある魚とこの魚しか釣れず。後からガイドブックを見たら、青灯台のあたりはそういう魚しか釣れないみたいです。
水の上からでも魚が泳ぐ様子が見えるのは楽しかったです。

釣りを終えた私達は宿に戻ってラーメンを食べました。
家にいるのと同じように、普通に買い物して野菜入りのラーメンです(笑)

There's sparmarket in main area of Chichi-jima. We can buy food there.

そして夜は、かなり楽しみにしていたナイトツアーです!!!
オガツアーさんにお願いしてました。
19時半宿までバンで迎えに来てくれて、いざ、出発です。

まずはオガサワラオオコオモリを探す旅へ。
ポイントについたら、早速いました。
大きくて、優雅に飛んでました(^^♪
暗くて上手く写真に撮れないので、写真はありませんが。肉眼でみてこそ、面白い光景です。
といっても、たくさんいるわけでなく、1羽が行ったりきたりって感じでしたが。

続いてみんなが話に聞きたがっている、光るキノコ、グリーンペペ探しです。
そのポイントに行って、探し始めたら、前日、船に乗せてもらった竹ネイチャーアカデミーのスタッフの人と遭遇☆名前を覚えてて、声をかけてくれました♪
そして、彼らが見つけた光るキノコを我がツアーにバトンタッチ。
えっ?!そう。 探さず、もらったキノコを観察です(^_^;)
みなさんの期待大ですが、このキノコ、1センチくらいしかないんです。光る感じは、蛍光塗料を塗ったものが電気を消した直後に光るのに似てます。
もっとたくさん生えてるのかなーと思いきや、この日観測できたのはこれひとつでした。
観察後に、キノコくんは茂みに戻されました。

実はグリーンペペは小笠原の固有種ではなくて、ここに限らずみられるとか。
雨が降った後によくみられるとのことなので、小笠原よりももっと雨の降る場所の方が観察に向いているかもしれません。
そうそう、このナイトツアー中、前半はオンブ+自力での歩行で移動したり立ったりしてたので、若干疲れ気味でした。

ナイトツアーの最後は海の探索。小港海岸に行きました。
夜のビーチなんて、ツアーでもなければ行けません。真っ暗だし・・・。
砂の道を行くので、車椅子を押すダンナさんは大変でした(ーー;)
お昼に遭遇したヤドカリがいて、つぶさないかひやひやしてました。

港からみた月は満月に近くて、月明かりの明るさを感じることができました!
街灯ひとつない海なのに、十分に明るいです。(写真は高感度なので、より明るく撮れてます)

Moon is near full. Moon light elminates us!

d0056588_1943305.jpg


海では夜光虫探しをしてたんですが、私は波打ち際にはいけずに断念しました。
この後、八ツ瀬川をみつつ、車に戻りました。
この川はなんと、海に流れ込んでいないで、途中でとまっているんです。珍しいですね。
たまに大雨が降ると海と繋がるので、海の生き物もみられるとか。

この後は、車で宿に送ってもらい、再度お散歩してから戻りました。
オヤスミナサーイ。
[PR]

by fradol | 2011-07-06 20:22 | 旅行

Bonin Islands Ogasawara trip with wheelchair

I have LGMD (Limb-Girdle muscular dystrophy) and using wheelchair.
I love to travel both in Japan and foreign countries.

I went to Bonin Islands; Ogasawara in June 2011. Ogasawara's now world heritage.
I'd like to write this for travellers with wheelchair.
I think there's not so much infomation about travel with wheelchair to Ogasawara. As it is really hard for wheelchair users to go there.

First of all, you need to board on ship for 25 hours and 30 minutes.
The ship leaves Tokyo only once in 6 days. In busy seasons, once in 3 days. There's only one way to go to Bonin Islands. You have to get on this ship, Ogasawara-maru.

When you get on the ship, staffs can help you. But I think it's hard to go with heavy wheelchair such as a power chair. Staffs help you by man powers, they held up me on my wheelchair. My wheelchair is not powered one, it's very light one.

There are 5 classes of rooms in the ship. You need to stay with over 20 people in the standard class. (You sleep there and space for one person is very small.)
If you choose upper class to stay, it may be more confortable. But there's no eleveter in the ship. There's 5 decks in the ship. From the top, A, B, C, D & E.
The standard class stays on C, D & E decks.
The top class stays on B deck. But the restaurant and wheelchair accessible rest room is on C deck. So you need someone's help if you stay B deck and want to go to C deck for take dish.

The ship goes up and down when the wave of the sea is high. It is tough work to stay in the ship for 25 hours for someone don't have enough power.
If you don't like to get on ship, you shouldn't go to Bonin Islands.

When you arrive Chichi-jima; main island of Bonin Islands, the sea is really nice!!!!!!
It may be hard to go to beach with wheelchair, but there's some wheelchair accessible points.
I'm writing trip diaries about Ogasawara, please see below.
Contents about Trips

There's not a big hotel in Chichi-jima. I went to a condominium named "Portlloyd". There's one step to go into the building. And there are two steps to go into the room. As I can walk, it was confortable for me. In Japan, you need to get off shoes in the house or this type of condominium. In most hotels, you can wear shoes. It is difficult to go into Japanese-type room with wheelchair.
You can't do camps in Ogasawara area.

It is not possible to go to Minami-jima (South island of Ogasawara area). You can go near the island by boat, but it is hard for normal power people to land this island. There's no pier to get off the boat. You need to climb a rock or swim to land there.

To conserve this nice nature, it's hard to make big facilities. It is hard to go there, and I couldn't go there without my husband's help.
Please enjoy my diaries and feel free to contact me.
[PR]

by fradol | 2011-07-06 19:27 | ENGLISH

小笠原旅行記:3日目 海水浴

3日目の朝は自炊! キッチンのある宿を選んだので、持参したお米を炊飯器で炊いて、前日にスーパーで買ったお魚を焼いて、納豆と一緒に食べました。
まるで家です。

朝からレンタカーを借りる予約をしてあったので、お迎えが来て、奥村の方にあるお店に行きました。
父島でレンタカーを借りられるのは小笠原整備工場のみ、とのこと。ガソリンスタンドも2件しかありません。

In Chichi-jima (Main island of Bonin Islands; Ogasawara) , there's only one shop you can rent a car; Ogasawara-seibi-kojo. "小笠原整備工場" in Japanese.

と、ちょっと英語で書いてみました。今後ちょこちょこ英語も交えつつブログを書こうと思います。日本語が母国語じゃない方のために。小笠原が世界的に有名になりそうだしね。
(このブログを読む人がはたしてどれだけいるのか・・・)

車を借りて、地図をみながら、海水浴できる場所を探すことにしました。適当に走りつつ、見つけた海岸に行くことにします。

まずは境浦海岸に行きました。

I first went to Sakai-ura beach.

海岸までは果てしなく坂が続きます。車椅子は、ブレーキをかけつつ、後ろ向きで坂をおりてもらいました。
15分はかかったと思います。写真は下から上を写しました。

You need to go down long long slope to go to Sakai-ura beach. It took about 15 min. with wheelchair. My dod helped me and handled wheelchair.

d0056588_226156.jpg


戦時中に使われていた沈没船があります。海の水は心地よかったです。しかし、久しぶりに水に入ったので、おぼれかけました・・・足がつくのに身体がおぼつかない私はフラフラしつつ、水に顔が使ってしまいました。
ゴーグルしてなかったので、ちょっとパニック。
片手に水中カメラを持っていたので、バランスも悪かったと思います。

There's a ship used in World War 2 in the sea.

d0056588_2285236.jpg


坂をのぼって車に戻り、途中、お弁当屋さんでお弁当を購入して、次にコペペ海岸に向かいました。
森の喫茶店という場所も下まで行ったのですが、車椅子では大変そうなのでやめました。
コペペ海岸は駐車場があって、降りるには階段でした・・・。駐車場からはすぐです。階段、おんぶで降りました。
お弁当を食べてると、オカヤドカリがきました・・・。

Next, we went to Kopepe beach. It's near from the parking space, but you need to go down steps.
When we are having lunch many hermit crabs came... They are big size!

d0056588_22123939.jpg


ランチ後しばらくのんびりして、今度は車で小港海岸に行きました。
街中からここまでバスが来ていて、1時間1本ほどですが、周遊しています。バスの折り返しスペースには車がとめられませんが、近くに駐車場があります。
下の写真は、小港海岸そばの八ツ瀬川です。

This is Yatsuse river near Kominato beach. You can access with wheelchair here.

d0056588_22262720.jpg


この日の海岸めぐりはこんな感じでフィナーレを迎えました。この後は、いったん宿に戻って休憩です。
続きはまた。

See you!
[PR]

by fradol | 2011-07-05 22:32 | 旅行

アルジェリア人との出逢い

小笠原日記は途中ですが、今日は日記に書きたいことがあるから書きます。

もしかしたら私のホームページを見る海外の人がいるかもしれない、と感じて、英語のページが作ってあったのですが、ついにこの日がきました。
私のホームページをみたアルジェリア人の男性からメールがきました。
彼はLGMDです。

メールを受け取ったときは半信半疑でしたが、返事を書いたら車椅子に乗っている写真を送ってくれました。
イスラムの雰囲気です。
アルジェリアという国をまったく知らなかったけど、調べたら、内戦やテロがあって、治安が不安定な国なのですね。

日本には治療がないか、と聞きたかったみたいです。
英語はあまり使わないから、と、自動翻訳でがんばってメールをくれました。
フランス語が得意というけど、私のフランス語が通じるか心配で、今のところ、英語でやりとりしてます。
私が自動翻訳でフランス語にして送ればいいのかな。
英語→フランス語の自動翻訳なら、精度があがりそうですね。

アルジェリアの車椅子事情を知りたくて聞いたら、一台は国が無料で交付してくれて、それを一生使うとか。(彼の英語は自動翻訳だから、ところどころ不確かですが。)
この交付されて乗っている電動車椅子は中国製なんだって。
中国でも電動車椅子を作っているんですね。
使いはじめて二年なのに、すでに壊れているようなことが書いてありましたが、それに一生乗るのかな。。。

検査機関も整ってないとのこと。
情報量が少なそうですね。
なにか私にできることはないかな、と思って、LGMDの英語版ホームページでも紹介しようかと考えてます。
やっぱり英語の情報が多いから。

これからもたまに英語でアップデートしたいです。
[PR]

by fradol | 2011-07-04 23:40 | 日記