車椅子のヘッドレスト&電動ベッド

このところ、19日木曜日くらいから、首が痛くなり、一時は頭も痛かったです・・・
首の筋力が弱い、ということを去年の検査入院のときに結果として聞いてたけど、最近の寒さも手伝って、ちょっと悪化です。。。

そもそも1日8時間PCに向かって、帰宅してからもPCに向かって、という生活に、若干無理がある気もしますが、会社で使ってる車椅子はずっと座ってても心地よいので、家での姿勢の方に問題があるのかと考えています。
車椅子の方は、今、ヘッドレストがついてないので、つけることにします。
問題は家ですが、今は電動昇降可能なオフィスチェアを車椅子代わりに動いてるけど、これはヘッドレストがなくて、背もたれも短いから疲れやすいです。
オフィスチェアで背もたれが長くてヘッドレストがついてるタイプを探したところ、国内にはなさそうだけど、デンマークにはありそう、というところまでたどり着きました。
ユーロ安だし、個人輸入しようかな・・・。 電気の関係もあるから、まずは業者さんに相談してみようかと思ったりしてます。

それか選択肢は子供用の電動昇降はないタイプの椅子。こちらは日本にもありそうです。カタログに載っていたので・・・。
電動車椅子を買ってしまうという選択肢もあるけど、足こぎで動けるということで、筋力維持ができているようにも思うし、難しいところです。
こういうとき、専門家に相談したいなーと思います。もっとリハビリ科を受診すればいいのだろうけど、病院が遠いし、難しいです。近所のリハビリ科を探そうかと思いつつ、知識のある先生がいないと困るしね。

日本という閉鎖空間(島国だし)・・・技術は高いけど、北欧やアメリカに比べると、まだまだな気がします。
でも、独自の技術はかなり優れていると思います。
ただね、靴で生活する国に比べたら、車椅子の乗り降りが必要だったりして、メンドウですよね。
これはもう、文化の違いになりますが。

+++

もうひとつの懸念事項だった、ベッドからの起き上がりについて。
寝返りはまだ何とか自力でいけるけど、起き上がるのが本当に大変になってきて、失敗するとベッドから床に落ちるので、電動ベッドの購入を決めました。
こちらは日常生活用具として助成が受けられそうです。一部自己負担があります。

福祉機器展でためしに使った楽匠Sシリーズのらくらくモーション付のがよかったので、それに決めました。
今、マットレスのお試し中です。
エバーフィットマットレスというもので、かたい面とやわらかめの面がついたリバーシブルタイプのものです。
これも福祉機器展でためしたものです。
やわらかすぎると私は寝返りできないし、立ち上がることもできないのですが、ちょうどよいかたさです。
ここ数日、やわらかい面の方で寝てますが、心地よいです。
マットレスもおそらく助成が出そうです。(手帳の等級とか、障害の種別によるんですが、私は対象なので)

朝の忙しい時間にちょっと行動の時間短縮できそうです。
今は目が覚めてから、起きるのに、まずは脳を覚まさないといけなくて、それに20分くらいかかってる気がします・・・
なんだかどんどん、機器が増えてますが、まだまだいけるー!と思ってる私でした。
[PR]

by fradol | 2011-10-22 12:56 | 病気

<< 友達との旅行★ アメリカ筋ジス協会の記事、翻訳... >>