カテゴリ:活性と飛躍の船( 24 )

5日目後半~ふじ丸乗船♪♪

これからいよいよ港にむかう!!!
上海の街中を走る。

トローリーバス発見。
ドイツに行ったときに見て以来。

上海の街って何か好き。
懐かしい感じ。 また行きたいなー。

バスは港に入って、大きい船発見!!!!!

コレだーーーーー。 キターーーーーーー!!!

□□□■■■ふじ丸■■■□□□

d0056588_16494865.jpg


もう、超興奮。船、乗りたくて仕方なかったんだもん。

バスを降りて、荷物を出してもらって、車椅子に乗って・・
乗船!!!!!

奈緒は車椅子押してもらい・・
入り口階段なんだー。
チームの人に助けてもらうか?と思ってたら、船の乗員さんが持ち上げて行きます!と。
たくましい。日本の船なのに、日本人じゃないんだなー。海外に来たみたい(←海外にいるわけだけど)。あとから知ったけど、乗員さん、フィリピンの方が多いんだってー。

4人がかりでオミコシ♪
かなり斜めでちょっと怖かったけど楽しかった!
気持ちよかった♪

パスポートを預け、案内してもらう。
もう何か、こっちですよーみたいな。どうにでもして状態。
チームの人と顔をあわせる間もなく部屋に案内されたし。
どうすりゃいいんだ・・と思ってる内に部屋について、「荷物はどこにおきますか?」と聞かれた。

この質問は重要だ。
変な場所に置かれたら、自力でスーツケースを持ち上げるのがむちゃくちゃ困難な私、どうしようもない状態になる。

部屋を一気に見回して、そこでいい?とソファーを示した。
OKと気さくに置いてくれて、嬉しかった。

d0056588_16502539.jpg


部屋は1人なんだけど、車椅子の入れるだけのドアの幅があって、中で十分車椅子が移動できる作り。ステキ~。興奮状態の私。

部屋ではビデオが流れてる。
救命胴衣の着る方法とか・・飛行機にのったときに、安全のために・・ってやるビデオみたいな感じの。とりあえず寂しいからずっと流してた。

部屋をいろいろチェックしてみる。

引き出しがカタイ。棚のドアもカタイ。船が揺れても平気なように強力な磁石がついてるみたい。
トイレへの段差が高い・・コップもまた、揺れても平気なようにがっちりと棚にはめ込まれてる。
窓からは外の揚子江が見える。

スーツケースを開けて、荷物を整理してみる。
引き出しに洋服をしまう。

団結式・ウェルカムパーティが控えているから着替えもしなければならない。

このドアはなんだろう?!
と、隣の部屋に続いていそうなドアを開けてみる。

おぉ!!!!!!!!!!!!!!!

目の前に現れたのは広い空間。

スゴイ。

バリアフリーのバスルームである。
外に出るためのドアもついてる。
←ここの鍵を閉め忘れたら大変だ・・

手すりの付いたトイレ、車椅子のまま使える洗面台、そして座ったまま入ることのできるシャワー。

d0056588_16511390.jpg


すばらしい。
ビックリしたー、これなら安心だ。
後輩くんから電話が来た。電話が鳴ったとき、どこだー!?と探してしまった。
テレビの横にあったー。
座って出られるように、机の上に移した。 一緒に行きましょうと誘ってもらう。

時間がせまってきたのでドレスアップして、パシフィックホールへ行く♪
その前に、後輩くんたちと合流して、デッキに出た!
上海の夜景だー!!

d0056588_16514711.jpg


前日までに見れなくて、残念だ。と思ってたのだけど、感動♪♪
超嬉しい。。 テレビタワーを中心として、いろいろな明かりがとっても綺麗。
ちょっと雨が降ってたけど、船に乗ってからでよかった。

写真を何枚か撮って、時間だから急いでエレベーターに乗って2階。
このエレベーター、車椅子がのっても十分広くて快適。

2階について、事務局の人に案内してもらう。
椅子、座ったら立てなそうだから、乗り移らなかった。
そのまま車椅子で参加。

団長、船長さんや船医さん、講師の方々、事務局の方々の紹介。
代表者の挨拶・・。
緊張しててあまり覚えてない。
人が多かった。 何しろ、ここまで28人だったのが、いろんなコースが合流したために178人になったのだから。
そこに来て、船の乗員さんは100人以上。超贅沢だ。

団結式後は役割委員会をして、ウェルカムパーティ。
チームの人たちと一緒に参加する。

乾杯して、ご馳走をいただく。立食パーティ♪
車椅子だから着席か(^_^;)

事務局の人に、団長と名刺交換してきてねーと言われ、列に着く。
長蛇の列だ・・。
まずは船長と名刺交換。
ふじ丸の船長は、「踊る大走査線のレインボーブリッジを封鎖せよ」に出てるらしい♪
写真もちゃっかり撮ってもらった。

その後、団長(カルピスの会長)と名刺交換、写真撮影。

ドタバタしてたら、あまりいろんな人と話すこともできず、あまり食べることもできなかった・・・。時間が短かった~。

21時からは、DiSCという自己発見ワークショップのための診断テストを受ける事になってたので、居残ってゆっくりすることもできず、再びホールへ。
チームの人と一緒に眠い!といいつつ診断テストを受ける。
カウントするとき、寝ぼけて数を間違え、事務局の人に助けてもらった・・。
←情けないけど疲れてたから仕方ない。

結果を聞いたら、なるほどねーって感じ。翌日、詳しい説明を受ける事に・・。
22時に開放されて部屋に戻る。

せっかく部屋にバリアフリーのシャワールームがあるから、と使ってみた。
超使いやすかった。
シャンプー、リンス、ボディーソープにふじ丸の絵が描いてあってかわいかった。

翌日の洋服を出して、寝る事に。
船はまだ着岸したままだから、全然揺れない。
上海最後の夜。

24時ごろ就寝。
[PR]

by fradol | 2006-08-16 16:52 | 活性と飛躍の船

5日目中盤~上海、自由時間

私はうとうとしてる内にホテルに着いてしまった。
午後は15時過ぎの集合時間まで自由時間♪

「自由時間、一緒に行ってもいいですか?」とチームメイトに確認したら、「もちろん、お守りします!!」という言葉をもらって感動(*^^)v
うちの会社の後輩くんたちにも、中国のうちの会社の拠点を見に行くのを誘われたんだけど、チームの人たちと一緒に行ってみたいなーと思ったので、チームメイトと一緒に行動することに。

研修資料などのリュックをスーツケースのところに置いてもらって身軽に・・。

マッサージに行く・・という選択肢もあったけど、これは次に上海にきたときでもできるだろーと思ってやめた。
上海、また来たいと思ったし。

ホテル内でうろちょろしてたら、別のコースに参加してる会社の人に会った。上海で合流なのだ。「体調は?」ってきかれたから「万全です!」と答えた♪

自由行動に出発する前にホテルでトイレに行っておくことに。
入り口までチームメイト(男性)が押してくれた。
どこからか職員が現れ、一応車椅子用のマークが付いたところ(フツウのトイレの中のひとつ)に案内してくれた。
But・・・車椅子用というのはフツーのトイレの両側に手すりが付いてるだけ。。
車椅子で中に入ることはできない。
形だけだね・・。 私は女性トイレの入り口に車椅子を置いて歩いて行ったんだけどさ・・。

立てない人だったら明らかにつかえないだろう仕様だった。
手すりがあるだけマシなのかなー。
豫園のホテルは車椅子マークのあるトイレすらなかったし。

あらためて日本の一流ホテルって施設がスゴイって思った。
(ちなみに私たちの泊まった上海新錦江大酒店(ジンジャンタワー)は5ツ星ホテル)

お昼はペキンダックを食べよう!ということで、タクシーに乗って、南京路の方へ。
ガイドブックにのったお店にたどり着く。
入り口は階段が5段ほど・・・。全員(4人)の力を借りておみこししてもらう。
韓国も上海も、お店の前に階段があるケースが非常に多い。
コンビニに入るのも階段とか・・。台湾もそうだったなー。

おみこししてもらって階段を上がり、エレベーターでレストランのある階へ♪
席に案内されて注文をする。
ウーロン茶ある?って聞いたらないとのこと・・。持ってた水を飲む事に。

お目当てのペキンダックは1匹の半分を頼んだ。
1匹しかないよとか半分しかないとか・・店の人とよく分からないやり取りをした。
あとはチャーハンとか・・。

ペキンダック、おいしかった~!!好吃♪
現地研修、最後のお昼をみんなで楽しめてヨカッタ。

お店は比較的すいてたんだけど、上の階だか隣だかで工事をしてて、終始、工事の音がうるさかった。
なぜか前会計だったし、だまされてないよねー。。。と心配しつつ、無事食事終了。

なーんか、中国って結構適当なのか?!

再びおみこししてもらい、階段を降りる。店の前で記念写真♪

この後、歩いて(車椅子押してもらって)歩行者天国の方へ。
行ってみたいと思ってたところだから、超嬉しかった~。
これで上海で行ってみたいと思ってた観光名所はほとんど制覇(ただしバンドの方は行ってない)。

d0056588_2119374.jpg


歩行者天国では、ガイドブックで読んでた宝くじを発見!!!
「やりたい~」と言って、近くに連れて行ってもらった。
見ると2元(30円くらい)である。
ものは試しに・・と思ってルールも分からないが購入。

コインで削ると結果が分かる仕組み。
表にある文字と同じものが出るとあたりらしい。

・・・はずれた。

チームメイトは2元が当たったけど、もう1回引け!と言われて引いたらしい。
2元だったらもう1回挑戦してもっといいのを当てろ!というのが中国の発想なのかな。

物価が安いとこういうのを気楽に楽しめていいね。
いい思い出になった!!

歩行者天国には映画のチケット屋さん?があったりとか、ホント、東京のどっか都心を歩いているようなキレイさだった。

ちょっとしたバスみたいなのも通っていて、街の雰囲気を醸し出していた。
なんとなく、テーマパークみたいな状態♪♪

ここから歩いて、人民公園(広場)の方へむかった。
日差しが強くて暑い!!!

横断歩道を渡るとき、車道をちょっとでも歩いてるおばちゃんがいたら、交通監視員みたいな人がかなり本気で怒ってた。
いいわけしてるおばちゃんの姿、面白かった♪

途中、地下鉄の駅があり、チームメイトの運輸関係の仕事してる人が視察にGO(^^♪
韓国とは違い、バリアフリーではなかった模様。
外から見た感じ、ちょっとコワそうだった。
階段しかない=逃げられない嫌だ→怖いという発想になる自分・・。

そうこうしてたら、飲み物を売ってる場所にたどり着いた!
喉渇いたよねーといって、飲み物を購入。
「生茶」と日本語(漢字だから中国語か?)で書いてあるのを発見!
即購入。

d0056588_21201396.jpg


ベンチに座って休む・・。
私はしばし立ち上がって足&おしりの疲れをほぐす。
←車椅子にずっと座ってると足やおしりが痛くなる・・歩いたときの痛みとはまた違うんだけど。

で、生茶を飲む。

うー。。。。

甘いっ。

なぜ?!

表示をよく見たら、微糖と書いてあるではないか・・。

「あ、中国のお茶って甘いって聞いた事あるよ。」
とチームメイト。

そうなんだ~。 カルチャーショック。
なんか、ちょっとばかりだまされた気分。
でも、紅茶みたいでオイシイ。

これはこれで良し。

再び歩き始め、公園内を散策。
池の近くには将棋を楽しむ人たちを見かけた。中国の将棋は丸いらしい。

木陰を歩いていても暑い!
私はタオルをかぶっていた・・。
帽子、スーツケースにしまっちゃったんだよねー。。持ってくるんだった。

上海美術館発見!

美術館の前にいた像、気味が悪いから写真に撮ってみた。

目指すは上海博物館。美術館じゃないんだよねー。

更に歩く。

そして、大きい建物、上海博物館発見♪
入り口にはちゃんと車椅子用のスロープがある。

時間がないから写真だけにしようかーといいつつ、パンフレットくらいもらえるか?ということで、中に入ってみる。
涼しい。

パンフレットはどうやら入場しないともらえないらしい。
入場料チェックしたら、ここも障害者割引、ちゃんとあった。

結局入らず、前で写真を撮っただけ~。
職員っぽい制服きた人に撮ってもらったけど、シャッター押すタイミングが違って、何度か頼んでたら怒った感じ。
「いい加減にしろよー」とでも言ってたのだろうか。

そろそろ戻ろうか・・ということになり、道に出ることに。
タクシーを無事拾うことができ、乗り込み、ホテルに戻った。

集合時間には余裕!

ホテルのお土産屋さんを見ることにした。
絵葉書とか、ストラップとかあったけど、購入したのは・・
英語で中国語を学べる小さいBOOK。
ここでほぼお金は使い果たした。
結局、両替したのは3000円。十分いろいろできた。

バスに乗る前にトイレに行こう!と・・・
またホテルのトイレに行った。あまりバリアフリーでない車椅子トイレ(笑)
なぜかいつも職員がいるんだけど、有料トイレだったのだろか・・。
うーん、謎。宿泊客だから、いいよね・・。
しかも小銭持ってなかったし。。。

ヨーロッパとかの有料トイレって、マジでお金払わないと絶対使わせネー!って感じのところが多いけど、ここはよく分からなかった。。

戻って、今度は別のお土産屋さんへ。
勾玉?とか、洋服とか、ちょっと高級そうなものを売ってた。
高額だ・・。

そうこうするうちに出発時間。
荷物を持ってもらって、バスへ。
あぁ、これでバスは最後なんだねー。

思ったより、バスに苦労しなくてよかった♪
[PR]

by fradol | 2006-08-14 21:21 | 活性と飛躍の船

5日目前半~企業見学

5日目、いよいよ船に移動!
この日のスケジュールは企業見学→自由行動→船に移動→船上研修開始!!
もう、待ちに待った船ですよ~♪♪

朝は6時ごろ起床、支度をして、6時半ごろ食事へ。
回転レストランだから、昨日とは座った席(出入り口の近く)からの配置が違う・・。
とりあえず、車椅子を置いて取りに行く。
卵が食べたいんだけどなーと思いつつ、卵置き場は遠い模様・・。

仕方なくパン&ジャム、フルーツを取って戻る。
危ないからウェイトレスに頼んでテーブルまで持っていってもらう。
オレンジジュースくださいと英語で伝え、持ってきてもらう。

あー卵やっぱり食べたい!!!と思い、ウェイトレスを呼びとめ、「卵持ってきて、ほんのちょっとでいいよ」と伝える。(英語でのやり取り)
「ハムもいる?」
「いらない、卵だけでいいよ!!!」

持ってきてくれたはいいけど・・・超大盛り!!!
これって卵3個分くらいじゃん・・。
しかも、卵だけっていったのに、ポテト&肉まんの肉のないやつも2個ずつのってる・・。
元々とってたのが少なかったから、ポテトは完食、肉まんみたいなやつは1個食べた。

時間ないし・・
と思って卵を残して部屋に戻る。
やっぱり中国のコーヒーまずかった。

部屋で荷物の最終確認。
7時半ごろ電話がくる。チームメイトから♪
「奈緒さん、7時50分に行くからね~」
こういう確認、超嬉しい(^o^)丿

時間通りにSさんが来てくれる(^^♪
同じチームのTさんも一緒。
私のスーツケースを運んでもらう。

1階につき、チェックアウト・・と思ったら旅行者の人が「キィ預かりますよー」と・・
会計がないのでキィを渡し、部屋番号を伝える。時間短縮!!

スーツケースをスーツケース置き場に置き、バスへ♪
バスに乗って、企業までは1時間程度。
途中、ホール(?)とか、いろんな建物を見た。

だんだん田舎になり、道端で果物とか売ってたり・・。

通訳さん、日本語ウマイ!1日目のRさんとは違う。
そうこうする内にとうちゃーく。

だだっ広い敷地にバスが入っていく。
見学する前にトイレ行く人?
ってことでトイレへ・・。

d0056588_22511615.jpg


ここは中国企業だ。。。 絶対ヤバイよ・・と思いつつトイレへ。
どこまで行ってもたどり着かない。
まさか草原じゃないよねーといいつつ・・やっとたどり着く。

やっぱり、、、、
和式トイレが並ぶ。しかも一番奥はドアがないんだよ。。。
何だよコレ。

豫園の経験を経て、絶対、企業はヤバイと思ってたので、
念のため・・・と思って、トイレ用のセットを持ってたからそれを使う。
プラスチックのケースにビニール入れた簡易トイレというか・・。
日本でよく地方に旅行してたころに使ってた。

無事トイレから奪還。

中国のトイレやばいよーって話ながら戻る。
男性トイレではドアのないところで・・・をしてる人がいたらしい。。。

気を取りなおして施設内へ。
クーラーが並ぶ。 が・・暑いっ。
空調機の会社なのに。

へぇ、すごいなーと思いつつ見学。
ここは展示場。商品が並んでて説明を受ける。

展示場を後にして、工場の方へ。
外は砂埃・・こんな場所で作ってていいんだろか。

工場も広い。
完成品・・こんなところに置いていていいのか。
疑問に思いつつ、中を歩く。

ラインにあわせて生産が進められている。
幕に安全なんとかとか、企画管理がなんとかとか書いてあった。
工場内も車椅子を押してもらう。
電動でも行けるけど、押してくれるっていうから♪♪ 嬉しかった(^_^)v

工場内の見学が終わったら、バスに乗って今度は会議室のある方へ。
会議室はバスに乗ってしばらく行った建物にある。一度外の道を通って行く。
すごい会社だな。

バスの運転も、すごい。Uターンとか、横断歩道に突っ込む勢いで危ない。
中国はなんか違う。

会議室のある建物につく。
この建物、エレベーターがないって話をあらかじめ聞いてた。
確認してもらうと会議室はなんと4階とのこと!!!
4階までおんぶってしんどい・・と思ってたら、3階まではエレベーターがあるとのこと。

エレベーターの方に連れて行ってもらう。
韓国同様、工場のステキにでかいエレベーター。
なぜか中には操作員が2人。
見渡す限り人はいないから、この操作員の仕事っていったい・・・。

無事3階につき、これから先、どうするって言ってたら、「おんぶするよ!」とTさんが率先してくれた。
がんばれば歩けるけどって伝えたけど、結局おんぶしてもらうことに。
超安定感があって安心感のある、おんぶだった。
車椅子は他のチームメイトが運んでくれた。

会議室到着!!
私は社長の横の空いた席に座る。(車椅子のままだけど)

会社概要等、お話を聞き、質疑応答。
帰る時間になり、最後に部屋を出よう・・ということになった私たちのチーム。

社長が私の車椅子に非常に興味を持っていた♪
「どこにモーターがついてるの?」
「こういうのをうちの会社も作ろうと思っているんだ」
「これはヤマハかぁ、いくらくらいするの?」
・・・通訳を介して会話をする。

目つきが違う!と思った。
そのうちヤマパとかいうのが出てきたらどうする~?とチームメイトが冗談を言いつつ、ここを後にした。

1階下までおんぶしてもらい、行きに乗ったエレベーターのところに行ったところ、
どうやら動いてない模様。
エレベーターを操作する人が昼休みだとか・・。

おんぶで行こう!とチームメイトががんばってくれたので、1階までおんぶしてもらって戻った。
ちょうど1階に戻ったところで、隣の寄宿舎からエレベーターの操作員さんが来てくれそうになっていた。
遅いって(^_^.)

バスに乗り込み、ホテルの方にむかう・・。
車中は寝てる人が多かった~。
[PR]

by fradol | 2006-08-10 22:51 | 活性と飛躍の船

4日目後半~上海雑技団。

夜はオプショナルツアーに参加するので、その支度をした。

オプショナルツアーは夕食&雑技団。
雑技団を見れることに興奮しつつ、ロビーに集合♪
一緒に行きましょーと朝声を掛けてた女性と合流。

ここではうちのチームの人が参加してないから、他のチームの人の力を借りる事になる。
たまたまその女性と一緒のチームの男性2人が快く介助してくれた。
バスに乗るときも、バスから降りて移動するときも・・。

食事の場所について、バスを降りる。
車椅子を押してもらい、店に入ると会場は3階とのこと、ガイドさんたちと一緒にエレベーターに乗って3階へ。ここでは車椅子を降りずにそのまま食事することにした。
時間が限られてるからね・・。

飲み物、注文!
私は一応水を持ってたけど、せっかくなのでウーロン茶を頼んだ。
でてきたのは・・フツーのサントリーのペットボトルのウーロン茶。

d0056588_22144247.jpg


中国って、水とか氷とか、飲み物でお腹壊しちゃったりするケースが多いから、店で飲み物頼むと、きちんとパッケージしたペットボトルが出てくるのがフツーみたい。
パッケージされてないものは不衛生というか・・。
日本とは違う発想が面白かった。
日本でウーロン茶を頼んでペットボトルだったら怒るよね・・。
4元(60円)だったかなー。。。40元だと600円だもんな、そんなに高くなかった気がする。忘れちゃった・・。

肝心のご飯は・・・。
作ったものを出してきてるって感じ?!

北京ダックとカニを揚げたのがおいしかったのくらいしか覚えてない。
豫園で食べたお昼の方がおいしかったなぁ。

違うコース(この研修、全部で8コースが参加してます)の人も上海から同じホテルに泊まってて、話す機会があった♪ このとき話せたのは1人だけだけど・・。

せっかく頼んだウーロン茶、500ミリも飲めるわけなく、ちょうど飲みたい!という人がいたからあげちゃった。

劇場に向かう時間になって飲み物代の会計をして、再びエレベーターで1階へ。バスに乗り込む。
もうバス乗るときも「右足持ち上げてください」「ハイっ」って感じで誰がやってくれてもいい感じに介助してもらえる状態♪♪
車椅子をたたんでもらったり、車椅子をバスに乗っけてもらったり・・
嫌な顔ひとつせず、やってくれたから助かった。

バスで向かった先はリッツカールトンホテル。
ここに上海商城(シャンハイシアター)があって、雑技団を見られる♪

d0056588_22151771.jpg


19時半の開始で、19時ごろ到着。
広場みたいなところには即席の商店が・・。
アメリカ人?が店にたかってた(^^♪

私たちは2階のバルコニー席。
エレベーターだと3階らしい。
入る前にトイレに行こうよーって話になり、近くにあったトイレに行ったら工事中・・・
はるか遠くまで行くことに。この間ずっと車椅子を押してもらってた。
トイレはフツーの洋式だった。

はるばる戻って早速入場!!
2階のバルコニーっていったら、特等席だよね?!
入り口を入ると段々の席。
私たちは1列目だったけど、1列目に行くには1段階段を降りないといけない。
「2列目もあいてるから、ここでいいですよ~」とガイドさんが職員に交渉してくれて、無事私は2列目、車椅子は1列目のハジッコのあいてた空間においてもらいました。
2列目といえ、目の前には人がいないし、超いい席だ。

バスの中で、「写真もビデオもOK」と聞いてたので、この旅行のために買ったソニーのDSC-T30を準備!!

いよいよ19時半、開幕♪♪

身体やわらかぁい!
何であんなことができるんだろ。。。
シーソーで人が飛んだり、手をつないだだけで空を舞ったり・・。

d0056588_22154898.jpg


感動の連続♪

最後は・・人がイルカのようにジャンプ!!!

カメラで撮って後に思い出を残す&カメラを置いて演技に集中、拍手喝采の繰り返し。
楽しい1時間半だった! 行ってよかった。行けてよかった♪

大興奮の会場をあとにして、バスの方に戻る。
車椅子を押してもらい、出口の方へ・・。
出口からバスへ行く途中、出た~!!!
時計おじさん。。
「1個1000円・・ これもつけます~ ロレックス2個1000円・・」
「いらないよ!」
「モンブランも付けますよ」 洋服からペンを取り出す。
「いらないってば」
「3個1000円・・・4個・・5個」
この繰り返し。

私が出て行ったときはモンブラン付けます・・のあたりだったんだけど、
最後は13個1000円。。。

もうおじさんごと1000円でいいよ!っていうチームメイトの声に笑・・・。
バスに乗ってくるんじゃないの?!って思うくらいしつこかった。

バスで点呼したとき、思わずみんな、あのおじさんいないよねって確認してた。

バス乗るとき、ちょっとだけ雨が降ってたけど、昼間に降らなくてよかったー。
ホテルに戻り、ツーアーデスクへ。

「先生が奈緒さん、足マッサージ行くならどう?っておっしゃってましたよ~」
と事務局の方。
そう、せっかく上海だから、足マッサージに行きたいなーって思ってたんだよね。
で、先生の部屋に電話。 ・・・ どうするか?!と相談したけど、1時間のコースしかないとのこと。これから1時間じゃ、戻って23時近くになってしまう。
疲れちゃうのでやめることに。

明日はいよいよ船へ移動!!
スーツケースのバゲージダウンをまたしなきゃいけない。
添乗員さんに相談してみる。
同じ階に同じチームの人がいるから頼めると思う・・と私が伝え、同じ階のチームメイトに頼むことに・・。電話を借りて、チームメイトと話す。快く引き受けてくれた♪
8時10分ごろの集合だから、7時50分に部屋に来てもらう事に!

↑なぜ同じチームの人がいるか分かったかというと・・・

そういえば昨日の夜、隣の部屋で日本語が聞こえて、笑い声がうるさかった。。
で、0時過ぎても聞こえるから、コレは明日ヤバイと思い、ドアをノックして、「申し訳ないのですが・・笑い声が響いてて」と伝えたのだ。
このとき私は寝ぼけてて誰がいたか分からなかったんだけど、実はチームメイトだったらしく、翌日チームメイトに謝ってもらっちゃった。。 
というストーリーがあったから。

無事、荷物のことも決まり、部屋に戻った。
ベッドメイクがされてて部屋がきれいになってたけど、なぜか歯磨き粉がコップに入ってた♪
これは中国の習慣かなー。

荷物整理をして、寝たのは結局0時ごろ。

4日目終了♪

PS 3日目の夜、車椅子のバッテリーを充電しました。
上海のホテルの電源は日本と同じ形に対応してたから、そのままコンセントをさして充電できました♪
[PR]

by fradol | 2006-08-08 22:17 | 活性と飛躍の船

4日目中盤~お茶を堪能・ホテルに戻るまで

お昼を食べた店を後にして、うろちょろ。
池の真ん中の通路を通って写真を撮る。
観光客が多いけど、すごくいい場所。

どうする?!中もせっかくだから見ようか。
ということで、豫園の庭園内に行くことに。

入場料は1人30元。
台湾で得た知恵を使い、入場料のボードの漢字を読んでみる。
あった! 「残障手帖 10元」 ・・・ といった文字。
中国にも障害者割引ってあるんですよ~。

台湾では使わないだろうとホテルに置いていった障害者手帳、中国では常時持ち歩いてた。
試しに出してみる。 漢字だから通じるだろ! 10元にしてもらえた。
日本のように付き添い1人割引・・とかはないらしいけど。
たった300円くらいの違いだけど、中国で300円あったらかなりいろいろできちゃう。
バリアフリーじゃない分、割引しようっていう考えが中国にもあることに、ちょっと感動。

豫園の中は非常にバリアフル。
ところどころに敷居があり、乗り越える必要がある。
進んでいくと階段もある。
ここはチームのみんながホントにがんばってくれて、何度も何度も「せーの」で運んでくれた。
まさにグループワーク。。

d0056588_91447100.jpg


建物の形とか岩の形、屋根の上の龍・・・。
どこも中国の文化が現れてる気がした。

途中、クーラーのある展示室をチームの1人が発見♪
絵(掛け軸)が展示されてるんだけど、絵を見るのは形だけ・・目的は涼むこと。
帽子をかぶってても暑いんだもん。
そこにあったネコの絵、かわいかったなー。トラとかすずめの絵もあった。
ハジッコに非常口のマークがあって、「安全出口」とあった。日本語と中国語・・発想がちょっと違うのだろか・・とちょっとした発見。

先に進んでいくと、日本語のできる係員がいた。
みんなで写真を撮りたかったから、写真を撮ってもらった。
写真撮影後、「こちらで無料でお茶が飲めます、いかがですか?」と言われ、(私は歩いてないけど)歩き疲れてたし、一服することに。

案内されたところもやはり段差。
奥のクーラーがきいた部屋を進められたが、入った場所も涼しかったし、段差が大変そうだったから、入った場所でお茶を飲む事に・・。

「10種類の養身茶があって、健康によいです。これが甜茶で、こちらが睡眠できない人によく効きます。こちらは飲みすぎに効いて・・・」
「どれでも飲みたいのを飲めます」
と言われ、甜茶や飲みすぎに効くというお茶をいただく。
聞き茶に挑戦! 裏返した筒状の陶器(聞香杯?)をゆっくりはずして茶碗(茶杯?)にお茶をうつす。
で、聞香杯をまわして香りを楽しむ。
なんか、中国にきた!っていう気分。

d0056588_9134422.jpg


今度はコレ、こっちもどうぞーといった感じで次々とお茶を注がれた。
のどが乾いてたから、はじめはおいしいと思ってたけど、そのうち飲みすぎだ!と感じ始めた。
身体はかなり芯から温まってきて、早くもお茶の効果?!

最後、飲み終わったら、「200元で詰め放題です~」と商売が始まった。
誰も買う気はなかったんだけど、切り上げるタイミングを見計らってた。
そこで、Sさん、ナイスタイミングで「ご馳走様でした~」と。
みんなでサヨナラしました。

庭園をめぐりつつ出口にむかい、途中トイレがあった。
が、和式しかなかったから私は行けなかった・・・・・。
携帯トイレ持ってれば行けたけどね。。。

出口をでたら、他のチームの人たちに遭遇。
やっぱりみんな、来る場所一緒なんだね。

豫園をあとにし、両替もしたいし、私もトイレ行きたい!ということで近くのホテルへ。
目的の両替は宿泊客しかムリだったみたいだけど、トイレはフツーの洋式トイレがあった。
ここは中国でも大丈夫♪

タクシーを2台ひろい、新天地へGO♪
新天地のスターバックスで待ち合わせしたけど、同じ都市?って思うくらい、キレイな空間。
店の物価も日本と同じ。うろちょろしてクーラーにあたりにお店に入って、ホテルまで歩くことに・・。

途中でお茶のお店に入る。
母に龍井茶を買ってきてほしいと言われてたので、漢字でたずねる・・。
これが一番いいお茶といって出されたのは50gで200元。
高いよ。 2800円だよ。

においを嗅がせてくれるけど、安いお茶と区別がよく分からない。
結局私は3番目にいいお茶を買ったけど、チームメンバーは超安いお茶を買ってた。
果たして違いはあったのだろうか・・。
(後日談:家に帰ってから超高かった!と言ったら、本土なら安いと思って頼んだのよ~高いなら買わなくてよかったのに・・と、母。でも、やっぱりおいしいらしい。私は飲んだけど、あまり好きじゃない味だった・・こんなことなら200元で詰め放題のお茶を買った方がマシだったと思った)

途中、横断歩道を探すのに苦労したり、でこぼこ道があったりしたけど、無事ホテルに到着!!
点呼を済ませていったん部屋へ。
[PR]

by fradol | 2006-08-05 09:16 | 活性と飛躍の船

4日目前半~豫園へ

旅も4日目。
研修内容も重要だけど、それより何より、みんなと一緒にいろんなところに行ったり話したり・・外に出てる時間の方がずーっと楽しかった。

この日はグループワークというグループで行動する時間が設定されてて、夜はオプショナルツアーがあった。
オプショナルツアー、日本では申し込みしてなかったんだけど、3日目の朝、添乗員さんが荷物を取りに来てくれたときに、「やっぱり雑技に行きたい!」と伝えた。
フツーは行く前に申し込むんだけど、事務局のB氏が会社に来たときに聞いたところ、「あいてれば行ってからでも大丈夫」とのことだったので申し込んでなかった。

上海に行ったら雑技団!!っていうのは思ってたんだけど、体力が持つか心配で、いけなかったときのことを考えると、1万円の出費は大きいと思ってた。
でも3日目に、結構体調大丈夫かも。って思ったので、申し込みすることに・・。
添乗員さんのおかげで、申し込みも車椅子で行くのもOKということに。これはマジで嬉しかった。

大学時代の先輩が中国に旅行したときに、絶対行った方がいい!って言われてたし。
雑技団、見れる機会なんてそうそうないだろうなーって思ってたから。

+++

そんなこんなで盛りだくさんの4日目の始まりは朝6時半ごろ。
目覚ましがなる前に目が覚めるようになった・・。
遅刻しちゃだめだ!というのが体内時計にインプットされていたのだろうか。

d0056588_1819770.jpg


朝ごはんは40何階だかの回転レストラン。
車椅子で行き、椅子のところに車椅子を置いて歩いて取りに行く。
回転レストランって、あまり好きじゃない。
せっかく入り口の近くに座っても、帰りは遠くなってるし。
内側の回ってる境目見てると、目も回りそうになるし。

オレンジジュースとパンに卵、フルーツポンチ、桃を食べた♪
一皿盛り・・。

食べ終わり、エレベーターで部屋に戻る。
32階だったと思うけど、ボタンが超上の方だから押しにくい・・。

部屋に戻って支度して4階の研修会場へ。
午前の研修は11時まで。
講義の内容はリーダーシップに関する話(だったと思う)。
リーダーに必要な要件とかをまとめた(気がする)。
・・・・・早く外に出たいと思って気もそぞろな自分。。

11時になってグループワークの時間!!
チームの人と、どこ行く?っていう話になり、奈緒の行きたい場所を言ってみてって言われたので、「豫園」と答えた。
観光ブックを読んで、ぜひ行きたい♪と思ってたから。ここに行くことに決まった。

一度部屋に戻って荷物を置いてから行くことに・・。
中国だし、外に出たらトイレ使えるか?!心配だったし。
エレベーターに乗ったところ、同乗したメンバーが壁によっかかったためにエレベーターのボタンが押されてしまい、全階各駅ストップに・・。
このエレベーター、両側にボタンがついてて(紛らわしい)2度ほどこの各駅停車にあいました。

同じ階の人が私のことを待っててくれて、ようやく1階に戻る。
豫園にはタクシーで行くことに♪
ホテルでタクシーに乗り、車椅子はトランクへ。
後部座席で見たのは・・ 変なお茶。明らかにいろがおかしい。
ヤバイ。 これは何だろう? 運転手さんの飲み物か・・?

電線に洗濯物が干されてたり、自転車の人を見たり。
中国っぽい光景に感動!

豫園について、お昼をまず食べようか・・。ということになった。
豫園商城近辺でお店を探すことに。
まず始めに目に付いたのはタクシーを降りたところのホテル。
レストランがある!ガイドブックにも掲載されてる。

でもちょっと歩いてみようか・・ということで、道を行く。
「ロレックス1000円」 「時計どう?」
そんな人がたくさんいる。

豫園の方に行くと、お土産屋さんがいっぱい。
ここは観光地だ~!! そのうち、ガイドブックに載ってるステキなレストランが!!
一応車椅子のスロープも付いてる。
ここに入ることに決定♪

席に案内されてお茶が出てくる。
早速注文♪ Englishも使える模様。

中国のお店で出てくるお茶、変な味なんだよね・・
雑巾絞った水みたいな。←飲んだことないけど。
私は持っていたペットボトルの水を飲むことにする。

一番おいしかったのは、鳥が丸一匹使われてるもち米のご飯!!
見た目もグロい。

d0056588_18213635.jpg


小籠包もおいしい。
チャーハンは冷凍チャーハンみたいって思ったのは私だけ?!

メニューかどっかにエリザベス女王もきたとか書いてあったらしい。
ホントだろうか。

お会計は1人あたり70元くらい。
1000円でこれだけ食べれるのはスゴイ。中国、物価が安い。

続く・・。
[PR]

by fradol | 2006-08-02 18:22 | 活性と飛躍の船

3日目後半~上海へ向けて

食事中の人は後で読んでね~

お茶をしようと入ったお店はグリーンティ中心のお店。
クーラーがきいてるし、寒くなるかもしれないから・・
と思って頼んだのはウーロン茶。
なぜか、日本だったら確実に高そうな抹茶オレとかよりも単なるウーロン茶の方が高い!!

キチンとしたお店で、入り口は段差があるけど、お店の人がドアを開けてくれたりした。
安らぐ空間♪♪
かなり待って出てきたのは、超本格的なウーロン茶!!!
ポットにお湯まで入ってる!!

d0056588_2332979.jpg


正直な気持ち→こんなに飲めないって。
この日は脱水気味だったけど、あまり水分取りすぎるとトイレに行きたくなるし。。。
←旅先でトイレは超重要問題。できるだけホテルとかで行きたい・・。

お茶の味はGOOD♪
この値段でまずかったら許せないけどね・・。1000円近いんだよ。。。

一応トイレも行っておくかーと思ってトイレのドアを開けたら、フツーにオフィスの出入り口1階。
都内とかによくある、ビルのトイレ使ってね・・っていうタイプ。
まぁフツーにキレイなんだけど、韓国って水道管が細いからか、トイレットペーパー流せないところが多いんだよね。ゴミ箱がおいてある。
台湾もそうだったけど。。。(しかし習慣ってのは恐ろしく、日本人は流しちゃって・・・たまに大変ってことがあるらしい。)
あらためて、日本って超清潔だよなーって思う。

店を後にし、ちゃんとしたタクシーに乗って、ホテルへ。
15時半出発の集合にきちんと間に合う♪

今度はバスに乗り込んで、インチョン国際空港に向かう。
バスに乗るときは前と後ろに2人サポートしてもらう。

今のところ左足は自力で上がるから、
右手でバスの手すり(OR適当な場所)につかまる
→左足をあげる
→右足を持ち上げてもらう(OR肩を借りて持ち上げてもらう)
の繰り返し。

正直言って、行く前はバス乗れるのかなー。いざとなったらおんぶしてもらお。って思ってた。
数年前にヨーロッパ旅行したときに既にもう、バスって乗りにくい!って感じてたから。

それでも思ったより簡単にバスに乗れたのは、みんなのおかげ。。
嬉しかったー。
バスの中で決まったこと→上海でリニアモーターカーに乗りたい!という意見があって、じゃあ、トライしてみようか・・ということになった。いやぁ、乗りたいと思ってたんだよね。。

バスに乗って約1時間。インチョン国際空港に到着♪
チェックインは現地添乗員さん・事務局の人・先生・後輩2名と一緒に行った。
添乗員さんに車椅子の話を韓国語で伝えてもらう。 なんと、搭乗口まで自分の車椅子を使えるとのこと。
これはラッキー!! 買い物ができる♪
通常、自分の車椅子って預けるパターンが多くて、その場合には空港職員が介助してくれるけど、買い物とかがほとんどできない。
ここに何時集合ね!って言われて、その時間に行くと一気に搭乗ゲートまで連れて行かれてしまうのだ。(行きの成田がそうだった)

でも今回は自分の車椅子!!
免税品店に行くぞーと張り切ってみた♪

「台風で飛行機が飛ばないかも?!」なんていう話もあったけど、とりあえず、無事チェックイン。
出国・税関手続きに進む。
ここは後輩H君に付き添ってもらう。
車椅子のゲートは大体いつもすぐ通れちゃうから、疲れなくてすむ。

手続き完了後、後輩君たちとは別行動することに。
奈緒は一人、空港内を車椅子最高時速(6キロ)で爆走♪♪
エスカレーターより速い?!
免税品を一通り通り過ぎて見渡した。ほしいものがあるのは一番入り口の方か?!
戻らねば・・。

一人でいるの寂しい!と思ってたところ、うちのコースの女性陣2人を発見!!
話しかけてみる。で、誘ってみる。
「一緒にいてもいいですか~?」って感じ。。
私はDiorの口紅がほしかったから、一緒に行ってもらった♪
ちょうどほしい感じのが見つかった!!ないのかなーと探してたら、レジ近くで発見。
コンパクトな5本セットをお土産用、自分の好きな色を1本。
Visaだと割引があるということでVisaカードで購入。

「機内食って、まともなの出るのかなー」と話しつつ、ウォンがあまってたので、お菓子を購入!
3人で分けて1つを先生に♪♪

一応トイレに行ってから、後輩君たちと夕飯食べようと待ち合わせた場所に17時45分到着。
私はお菓子を買ったから、夕飯はやっぱりやめると伝え、女性陣と一緒に搭乗ゲートへ。
一度迷って違うエレベーターに乗ったらよく分からない場所に出た・・。
正しいエレベーターに乗りなおして無事搭乗ゲートへ。

車椅子を預ける関係で、早めに18時前についたけど、案内されたのは結構遅くなってから。18時半近く。
一番始めに搭乗口まで行く。搭乗口で降りて車椅子を預ける。バッテリーは後輩君に頼む。

座席は足が伸ばせる席♪
事務局の方2名と先生と一緒。
お隣は事務局のBさん。ちなみにBさん、飛行機好きじゃないらしい。

私は飛行機大好きだから乗るだけで興奮♪
出発してしばらくすると機内食。私はその前にお菓子食べてたけど・・。
ちなみに機内食はチーズのかかったなんかよく分からない食べ物。
オマケについてたポテトチップを食す。
あとは水を飲みまくる。やっぱり水が一番いいねー。。コーヒーとか、トイレが近くなるし。。

機内では先生と事務局Bさんのやり取りが面白かった♪
いろいろお話できたし、いい時間だった。
私がトイレに行くときには先生がBさんに場所取りをお願いしてくれたし。。
スチュワーデスさんにここの席使って♪と座らせてもらえたし。
やっぱり飛行機好き。飛行機で受けるサービスっていい。

ちなみに機内のトイレは狭いから私には使いやすい。
つかまるところがいっぱいあるから立ち上がりやすい。

そうこうする内に、上海到着間近。。
事務局のお二人は打ち合わせ。 やっぱり仕事してるんだねー。。

上海到着後、一番最後に降りて、搭乗口から自分の車椅子に乗る。
荷物ゲートに行って荷物を受け取って、税関等を通って入国!!!
初の中国♪

待ってる間に見たのはフツーの自販機。
元が単位。 そういえばアメリカ ユタに行ったときも待ってる間に見てたのは自販機だった。あのときは1本25セントでカルチャーショックを受けたんだっけ。
そんなこんなで他の人を待ってたんだけど、飛行機が遅れたりしたから、リニアモーターカー、最終便の時間に間に合わなくなった。
でも!!また上海に行く口実ができたね。。

バスの方に向かって、乗り込む。
車椅子はバス内に持ち込んでくれた。すごく嬉しかった。
衝撃を受けてつぶれる心配がないから。

バスのガイドさん、超最強。日本語も怪しい。
「ロレックスが1000円で買えます」→バッタモノをすすめてる
「横断歩道、赤でも渡れます。キーワードは勇気です」→交通事故にあうって。

両替の時は・・ 2000円で125元です。
というのに、袋を確認したら130元入ってる。
「会社のお金だからいいんです」 と・・超テキトー。

妙に印象に残ってる。

上海の高速道路は広告が多かった。
街に入ってからもアーケードが広告だらけ。
日立を多く見かけた。

ホテルに到着して、バスを降りる。
ホテルの入り口は1段、段があった。

ツアーデスクを確認してから部屋へ。
荷物は後輩君に持ってきてもらう。
部屋は広い!!
車椅子、動き放題。

d0056588_2333719.jpg


ドアが多少重いのが難儀だけど。

この日はミネラルウォーターで歯磨きをして就寝!!
3日目終了。

→・・9日間終わるのはいつになることやら。
[PR]

by fradol | 2006-07-27 23:33 | 活性と飛躍の船

3日目前半~明洞(ミョンドン)へ。

まだ疲れがちょっと残っている3日目。
毎日何が心配だったかって、船に乗るまでの現地研修では、朝ごはん以外の食事がついてないこと。
別に外に出かけられないのはいいけど、お昼と夜を一人で食べるのは寂しい・・。

出発前に会社に来てくれた事務局の方に、「事務局は飽きさせないようにお相手するので」みたいな感じのことを言ってもらってたから、周りの人が車椅子だってことで一緒に行くのを難儀してそうだったら、事務局の人でも誘うかーって思ってた。

この日はお昼がついてなくて、夜は機内食。
11時ごろまで前日の異文化フィールドワークの復習とか。で、その後自由時間という予定。
夕方から上海へ移動。

+++

朝は6時半ごろ起き、支度した後、朝食へ。
前日の和食は量が多いし、味付けが韓国っぽいという理由で却下・・。

フルーツが食べたくて洋食へ。バイキングって、持って行くのが大変だからあまり好きじゃないんだけど、食べたい量を適当に食べられるのはいい。

後輩君たちが前日、お茶を購入してくれたということで、部屋に取りに行き、お金を払う。その足で、洋食レストランへ。会場があく7時ごろ到着。
いったん席に案内してもらって、車椅子を席に置いて歩いて取りに行く。
フルーツポンチとパンと卵。以上。
あとはオレンジジュースを飲み、超簡単に朝食を済ませる。

部屋に戻って荷物を最終確認。
前日に、添乗員さんにバゲージダウンをお願いしてた。
同じ階にいる人があんまりいなかったし、みんな朝は余裕ないだろーなーって思ってたから。
ここは悪いけど、添乗というお仕事してる人に頼むのが一番嫌がられないだろうって思った。

8時に添乗員さんが荷物を取りに来てくれた。
韓国のホテルで思ってたのは、いざ、何か非常事態が発生したときどうするかってこと。
自分の階で迷ったときに先生に会ったから、同じ階に先生がいることは分かってたけど・・
多分自分の階はシングル専用の階で、ほとんど同じコースの人がいなかった模様。
26階だか28階だか忘れたけど、超高層だから、何かあったら死ぬな・・って思ってた・・。

リスク管理/気遣いする疲れ・部屋を自由に使える楽さ・・・
車椅子の人をツイン/シングルにするかって難しい問題だろーな。
今になって言えるけど、手の力も弱いからスーツケース1回床に落として拾いあげるとき、超苦労した・・。
こういうとき誰かいたらいいのになーって思った。
ドアを開けるのも大変だったし。。 

d0056588_23153417.jpg


その一方、荷物ごちゃごちゃに広げたまま部屋を使ったりとか。
お風呂とかトイレとか、一人の方が気が楽だったりとか。
一人でよかったって思ったこともあった。
夜、誰かとお話できないのは寂しかったけど、しっかり寝れたから体力が持ったのかもしれないし。
その辺は何がいいのか一概には言えないね。
同じ部屋の人には負担がかかっちゃう可能性もあるわけだし。

+++

8時半過ぎに部屋を出て、チェックアウト。
部屋で電話を掛けて、留守電につながっちゃった分を精算・・。

途中、エレベーターを乗り換え、講義の部屋へ。
このホテル、迷路みたいだ・・。

講義は9時から2時間。
前日の異文化フィールドワークの発表会。現地の学生の意見も聞けて参考になった。

11時からは自由時間。
後輩お二人に一緒に行ってもOKか確認した上で、出発。
チームの人たちともっと交流しなきゃなーと思いつつ、まだちょっと早いかも?って思って、後輩たちに頼りました。

歩いて車椅子を押してもらいながらミョンドンへ。
場所選択は後輩たちに任せてたけど、私もちょうど行ってみたいと思ってた場所だった♪
韓国、2回目のくせに、1回目はミョンドンに行ってなかったし。今回も3日目にして初。
(←初日のTDK見学のとき、皆さんソウルは初めて?って言われて、静か過ぎて2度目と答えられませんでした・・実は大学4年のときに友達と行ったことありました)

d0056588_23162556.jpg


ミョンドンではまず、「パック」を購入(^_^)v
高麗人参のパックとか、キュウリのパックとか。

その後、街を歩きながら昼食のお店を探す。
入ったのは餃子&麺のお店。
「辛くない」麺を頼み、小籠包のようなものを頼む。
(後輩H君、あれは小籠包かな?それとも餃子?)

おいしいけど中々減らない・・。
水は飲みたいけど水道水はヤバそう・・。
またもミネラルウォーター持ってないから、脱水になりますよ・・。

身体が暑くなりつつ、店を後に。
この後、お茶するんだけど、そこから先はまた続く・・。
[PR]

by fradol | 2006-07-23 23:17 | 活性と飛躍の船

2日目後半~南大門市場&先生との再会

南大門についたはいいけど、かなり混雑!!!
坂も多い。。

何を買うわけでもない。
洋服がたくさん売っていた。途中、メガネ屋さんの集まりもある。
私たちを見かけると、すぐに日本語での商売が始まる・・。
日本語ウマイね。

南大門市場の中は(というか他の場所もだけど)ずっとチームメイトに車椅子を押してもらってた。
平らなら電動で行けないことはないけど、人も多いし、何より、押してもらうと操作に気を取られないから疲れない・・。

お昼を食べよう!ということになり、近くにあったデパートへ。
入ったはいいけど、エレベーター乗り場が遠い!!
しかも、「どうだ!」と言わんばかりに商品が陳列されてて、道幅が狭い・・。
excuse meと言いながら、やっとエレベーターにたどり着き、レストラン街へ。

韓国食の店に入って、注文♪♪
私は現地学生くんオススメの牛肉麺(←正式名称わからない・・)を頼んだ!(^^)!
現地学生くん、実は辛いものが苦手とか。
キムチもあまり好きじゃないとか・・。 韓国にいるのつらいね。

牛肉の麺はおいしかった♪
ご飯がついてきて、それをスープの中に入れて混ぜて食べた~!!
現地学生くんがいなかったら、絶対食べ方間違えてるって・・。
麺をおかずにご飯食べそう。

韓国では生水を飲まない方がいい・・店の水も気をつける!というわけで、
ペットボトルを持ち歩いてなかったこの日は脱水気味だった。
店で、ウーロン茶を注文したら小さい缶で出てきた。
缶やペットボトルで出すのはアジアの国の特徴か?!
台湾でもそうだったなぁ。後に訪れる上海もそう。
日本はそれだけ清潔ってことかなー。

レストランを割り勘で済ませ、再び雑踏の中、エレベーター乗り場から出口までを駆け抜ける。
市場に戻ったら、南大門を見よう!ということで、門の方へ・・。
でも現地学生くん、道わかってない!!!
フツーにたずねてました。

やっとのこと、門にたどり着くと守衛さんとかが民族衣装を着てて、雰囲気が出てる♪
来てよかった!(^^)!

d0056588_06125.jpg


この時点で14時半くらい。
私は疲れ気味だったので、ここからいったんホテルに戻ることに・・。
みんな一緒に戻ってくれることになった♪

現地学生くんが呼びとめてくれたのは、韓国の中でも一番安いランクの青タクシー。(韓国には3ランクのタ

クシーがある)
トランクに車椅子入れさせて!と言ったけど、ムリ。車椅子は後部座席に置くそうな・・。
無理やり乗っけてもらって、後輩H君には狭い思いをさせちゃったけど、これもいい経験だったなぁ。
妙に印象深い思い出。

なんと帰り道は10分足らず。
行きもタクシー使えばよかったんじゃ・・。
でもあの地下鉄の経験も面白かったし、よしとしよう。。

ホテルについたらチームの人と別れて、部屋に戻った。
ここでムリしなかったのには、いろんな訳がある。

1.まだ研修旅行の雰囲気に慣れてなくて疲れてる
2.チームの人に最初から負荷を掛けちゃうと、お互いに疲れる
3.夜のイベントがあるから休んでおきたい

途中で一人休む・・・高校の修学旅行で得た知恵です。
(京都・奈良5泊6日の内、1日半くらいはホテルで休んでた)

最初に休んでおけば、
「この人はムリできない」ってみんなが思ってくれるし、
自分でペース配分を上手くつかむことができる。
疲れてから休んだんじゃ遅いんだよね・・。

横になったり研修報告書いたりして、18時まで過ごす。
18時になったら、ロビーへ。
研修中のビッグイベント。。

中高時代の先生に会います!!!
先生は結婚して、だんなさんの仕事で今ソウル在住。
研修に行くことが決まったときに連絡を取って、あうことにした。
いつの間にか子供まで産まれててビックリ♪

デモの影響で道が渋滞してて、先生が来てくれたのは18時20分ごろ。
それまでは事務局の人と話したりしてて楽しかった!(^^)!
車椅子は事務局のところで預かってもらって、歩いて行った♪

だんなさんの車に乗って、市街を走り、大統領執務室とかの横も通ってもらって市内観光しながら先生の家へ


結構大きな団地。
ちゃんとスロープがついてて、一応バリアフリー。

部屋に入ると広い!!
柚子茶をごちそうになり、リラックス(^O^)/
お子さんが超ハイテンションでかわいらしい。だんなさんもステキ♪

夕飯は「ペダル」(日本で言う店屋物)で、韓国の牛丼(野菜も入ってる)を食べた!
超混ぜてから食べるんだけど、おいしかった~。
また食べたい。

先生とは過去の話や今の話をしつつ、時間が過ぎるのが早い。
あっという間に帰る時間となり、再び車へ。
南山タワーの方に行こうということになって、行ったはいいけど、帰る道を誤り、時間をかけつつホテルへ。

でも一緒にいられる時間が長くてよかった。

ホテルについて、お別れして、部屋に戻って荷物整理。
今度は上海へ移動だから・・。
荷物整理って結構重労働。

荷物整理後、シャワー浴びて、バタンキュー。。。
[PR]

by fradol | 2006-07-22 00:06 | 活性と飛躍の船

2日目前半~講義&異文化フィールドワーク

朝は6時半ごろ起床。何か疲れが残ってる。
1日外を行動したらハードだろうし、夜にはとっておきの予定があるから、体力を調整しないと・・
と思い、着替えを済ませる。

朝食は和食OR洋食を選べる。
洋食はバイキングだから、車椅子で取りに行くのは大変だろう・・と思い、和食へ。
部屋から出る時は車椅子でドアを開けなきゃいけない。
会社で、車椅子でドアに挑戦したら開けられなくて凹んでたけど、ここは一人・・助けてくれる人もいない・・。

挑戦!!!

ドアが軽いから意外と簡単に開けられた。
閉めるのにもちょっと苦労したけど、何とか部屋を脱出。

エレベーターに乗って朝食のレストランへ。
途中、うちのコースの人?とすれ違ったけど、名前もわからないし挨拶しなかった。
後から考えたらOさんだった。。

朝食は定食だけど量が多い!!
でも時間があるからゆっくり食べよう。
なぜか煮物の味付けが韓国風・・。和食のはずなのに。

途中、うちのコースの女性、Kさんが来て、一緒に食べた!!
声を掛けてもらって嬉しかった♪
私は8時にレストランを後にし、部屋に戻って支度。

コリアナホテル、移動が何かと面倒。
研修会場に行くには、エレベーターで2階に降りて、違うエレベーターに乗り換えて7階へ。
ようやく会場到着!!!

「今日はいすに座りたいです」と宣言し、車椅子からいすへ・・。
車椅子にずっと座ってると足とかおしりとか、痛くなるんだよね・・。

朝一番は講義。
企業訪問の復習とか。
せっかく海外にいるんだから講義しなくてもいいのになぁ。。
ホテルの外歩きながら先生が話してもいいのに・・。
なんて思いつつ、聞いてた。

11時からは韓国の学生さんと一緒に異文化フィールドワークへ。
目的を決めて街中を見に行くの。
うちのチームは私が途中で帰りたいからって言ったら、私の行きたいところにしてくれた。
前の韓国旅行で行かれなかった南大門市場。

学生のK君&Kさんによると南大門までは歩いたら1時間!!
地下鉄で行こうということになった。

地下鉄は市庁駅で、エレベーターで地下の階へ。
電車に乗るのはチームメイトに助けてもらって何とかOK。
隣のソウル駅で乗り換え。 これがやっかいだった。
車椅子昇降機を準備してもらい・・。
初体験!!! 緊張。。。

d0056588_2324843.jpg


でも経験したいと思ってたからちょうどいい!
写真も撮ってもらった♪
日本の場合、操作って駅員がするけど、動かすボタン操作、自分でやったんだ・・。
事故ったら自己責任。。。 コワイ。

その後、昇降機を乗り換え、ようやく乗り換え達成。
1駅乗ってようやく南大門の駅に到着・・。

なんと1時間近くかかった。。 歩いた方がはやいんじゃないの??

後半に続く。
[PR]

by fradol | 2006-07-19 23:06 | 活性と飛躍の船